5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

Googleが落ちると世界の20分の1が止まる

 日本では時差の関係で真夜中~未明に起こったことなので、ほとんど話題にならなかったと思うのですが、またGoogleが落ちたようです。(良く、落ちるように感じるのは、信頼の裏返しではあると思うのですが、Googleのような世界的サービスに影響が出ると、困る人がたくさん出ますよね。)

 「米Google社の検索や電子メール、スケジュール管理サービスが5月14日(米国時間)に2時間にわたって停止した」

 ソースはこちらなのですが、ここにちょっと背筋が寒くなるようなグラフが載っています。

 Google障害:「世界の全トラフィックの5%が消失」した時のグラフ
Googleが落ちると世界の20分の1が止まる_c0025115_1819870.jpg
 サービスが停止していた時間は、アメリカ東部時間で木曜日の午前10時15分(米国時間)ころから約2時間ということですから、あらゆる社会活動に重大な影響を及ぼしたのではないでしょうか。

 もちろん、これはインターネット全体のトラフィックではなく、Googleのネットワークにデータを送っている北米のISP上位10社の平均トラフィックを示しているとのことで、この時ネット全体で見ると約5%分が止まっていたそうです。

 この5%を大きいと見るか小さいと見るかは評価が分かれるところかもしれませんが、Googleでさえ落ちるということは、やはり覚悟しておかなければならないということです。

 Gmailなどに蓄積されている、5ギガ以上のデータもある日突然なくなるということを覚悟して、バックアップをとっておけという警告だと受け取っておくことにします。
Commented by sue at 2009-05-19 10:39 x
Googleのサービスは便利なのですが、新たなサービスを利用し始めるたびに、「ああ、またGoogleに人生の一部を預けてしまった」という感じがあります。有料化くらいならまだいいのですが、こうして落ちた時のことを考えると内容的にも機能的にもバックアップが必要ですね。。。

Commented by stochinai at 2009-05-19 12:24
 同感ですが、次々と便利な機能が追加されてくるのでやめられません。冷静に考えると、Googleの機能を完備したプライベートサーバーができれば、いいんですよね。安全で便利なそういうサーバーを提供することができれば、商売は成り立つのではないでしょうか。
Commented by Inoue at 2009-05-24 21:06 x
Dropboxというストレージサービスがあります。
このサービスは、専用ソフトをダウンロードして、ローカルにDropboxというフォルダと作ると、この中のファイルを変更・削除・追加するたびに、サーバ上のミラーイメージが更新されるしくみになってます。
つまり、サーバが落ちても、ローカルにデータは保持されていますから無問題、逆にローカルが落ちても、サーバにミラーイメージがあるから無問題なのです。
 しかも、ノートPCのように、持ち出して、一時的にネットが切断された状態でフォルダ内容を変更しても、再び接続すると、常駐ソフトが自動でサーバにアクセスし、更新が行われます。
 ファイルの履歴も保持してますから、削除・上書きしてしまった場合でも、元に戻れます。
 私は、こちらのサービスを使い始めてから、USBメモリがいらなくなりましたし、Gmailにメモやデータを保存するのをやめてしまいました。そのくらい、インパクトのあるクラウドサービスです。
Commented by stochinai at 2009-05-24 21:49
 Dropboxは私も使っています。おっしゃるように、コンピューターの使い方が大きく変わりますね。私は、作成中のファイルを、ノートとデスクトップの両方から同期させながら編集できるので重宝しています。私は無料版でも2Gあって使い切れていませんが、50Gや100Gの有料版を使うのであれば自前のバックアップシステムはいらなくなるかもしれませんね。
by stochinai | 2009-05-18 18:37 | コンピューター・ネット | Comments(4)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai