5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

イースター島由来の免疫抑制剤で寿命が延びる?

 モアイ像で有名なイースター島はまたの名を Rapa Nui (ラパ・ヌイ)というのだそうです。そしてその島の土の中から採集された細菌(Streptomyces hygroscopicus)が作る免疫抑制剤が、島にちなんで名付けられたラパマイシンです。(藤沢薬品の免疫抑制剤FK-506も、筑波山近郊で採れた細菌から作ったということですので、ガママイシンとかなんとかにすればよかったかも?)

Uploaded on November 12, 2005 by Natmandu

 この薬には、細胞の分裂を抑制したり、細胞死を誘導したりする働きがあり、それがリンパ球に働いてその活動を抑えることで臓器移植の際の拒絶反応を抑える免疫抑制剤として働くようです。またそれががん細胞に対して働くと、抗がん剤としても働くなど、不思議な薬です。(前に関連エントリーとして、「グレープフルーツを使って抗がん剤の使用量を減らす」を書きました。)

 アメリカにある老化防止を研究している国立研究所では、老化を防ぐ「もの」や「こと」探しを精力的にやっているようで、こちらに研究の経過が報告されています。そこでは正確を期するためとして、マウスの寿命を証明するためには別々の3ヶ所で異なる遺伝的背景を持つマウスに対して同じ実験を繰り返して、延命効果を調べることになっているようです。

 そうした厳しい実験によっても、今回、食事に混ぜられたラパマイシンをマウスに与えることで寿命を延ばす効果があると確認されたということです。

Nature 460, 392-395 (16 July 2009) | doi:10.1038/nature08221; Received 9 April 2009; Accepted 24 June 2009; Published online 8 July 2009; Corrected 16 July 2009

Rapamycin fed late in life extends lifespan in genetically heterogeneous mice
(遺伝的に雑多な老化マウスの食事にラパマイシンを混ぜて与えると寿命が延びる)

 この記事は8日にオンライン版で発表されていたものですが、今回の記事では一部内容に訂正が加わっているようです。(どこが、変わったのかは確認していません。ちょっと、怪しいエピソードですね。)

 実験自体はきわめて素朴で、すでに集団の一部が(老化で?)死に始める生後600日からラパマイシン食にして、その後すべてのネズミが死亡するまでの生存曲線を書いただけです。これが結果のすべてと言ってもいいでしょう。
c0025115_20221295.jpg
 3ヶ所で行った別々の結果をそのまま示してあります。上の段がオス、下の段がメスで、赤い点がラパマイシン投与群、青い点が対照群です。

 投与を開始する前にすでに差が生じているグループもあって、ちょっと(?)という感じもしますが、全体として明らかに差があると言える結果になっているようです。

 ラパマイシンの薬としての効果のひとつとして、リボソームタンパクのあるもののリン酸化を阻害する効果があるというものがあるので、薬が効いていることの証拠としてそのデータも出ています。
c0025115_20254353.jpg
 さて、どうでしょうか。先日のカロリー制限されたサルの寿命が延びたという実験と良く似た印象を受けますね。実際、ラパマイシンの効果とカロリー制限の効果に類似性があるという議論もあるらしいです。

 当然のことながら、カロリー制限やラパマイシン摂取でヒトの寿命が延びるかどうかが多くの人の関心事になるのだと思いますが、いずれもそう簡単な話にはならないと考えなければなりません。

 ともかくラパマイシンは臓器移植の際に使われるほど強力な免疫抑制剤ですから、病院や実験室の中のような環境ならば長生きできたとしても、普通の生活環境の中ではどういうことになるでしょうか。そう言えば、カロリー制限をすると免疫力が低下するという実験結果もどこかにあったと思います。だとすると、意外と清潔な環境では免疫力が低下していたほうが長生きをするという傾向があるという説も可能性がありそうにも思えてきます。

 しかし、そもそも「寿命」などという、たくさんの因子が関わっているものを、ひとつやふたつの因子を操作することによって操作しようという発想そのものに歪んだものを感じます。寿命などに関しては、そうした発想から抜け出してヒトが生きるということや、寿命の持つ生物学的意義を考えるなどをすることのほうがよほど人間的に意味があるようにも思えます。

 というわけで、注目を集めると思いますのでコメントはしましたが、寿命を延ばす方法を考える研究というのは、実のところあまり好きではないのでした。すみません。
Commented by ぢゅにあ at 2009-07-16 23:41 x
最後のコメントいいですね。
寿命はどうでもいいのですが、老化は遅らせたいです(乙女心?)。
Commented by たま at 2009-07-17 06:12 x
このような実験はなかなか日本ではお目にかかれませんね。
結果も非常にクリアですし。

ただ、マウスの体重と餌の摂取量は測定していなかったのでしょうか。
ラパマイシンの影響で摂取量が減り、結果的にエネルギー抑制と同様の効果をもたらしたと言えませんか?
別の免疫抑制剤を投与した群を設けて3群で比較すればよかったのに。

それからエネルギー制限で寿命が延びるという話、人間ではどうでしょうか。
疫学研究から、ちょっと太めが一番長生きであり、ヤセは最も短命であることが明らかになっています。
感染症の心配のない環境で飼われた実験動物と人間とは違うのでしょう。
Commented by K' at 2009-07-17 08:46 x
私の関わっている研究領域が歪んでいると言われてしまってまったく残念です。
カロリー制限がどういうメカニズムで寿命を延ばすのかという観点で仕事をしている者からみて,TORはカロリー制限のメカニズムでも注目されているタンパクですから,今回の報告は注目に値するのです。なぜなら,「ほ乳類」でラパマイシンによってターゲットタンパクであるTORを抑制することによる寿命延長を報告したおそらく最初のケースだからです。線虫やショウジョウバエで何年も前から証明されていたことなので,ついに来たかといった感じです。

stochinaiさんが仰るようなヒトが生きるということを考えるのは大変重要とは思いますが,それでは科学にならないのでは?寿命研究も観察された現象が何故,どういうメカニズムで起こっているのかという科学的興味から発展した分野です。科学的に理解していく過程ではこういう手法(単一因子の調節)を採らざるを得ませんし,それを歪んでいると言われてしまっては,こちらとしてはじゃあどうやって理解するのかと問いたい気持ちになってしまいます。

こういう基礎研究成果を実際にどのように利用していくのかという点では更に研究・議論が必要なのは確かです。
Commented by stochinai at 2009-07-17 11:21
 「脳科学」についても言えることなのだと思いますが、「アンチエイジング」や「寿命」の研究はあまりにも一般の方々に与える影響が大きすぎるので、マスコミなどに取り上げられることによって「歪んでしまう」のではないかと思っています。
 あくまでも基礎研究なのであれば、この結果が直ちにヒトの延命などに関係していくことはない、というような「科学者からの強いメッセージ」がなければ、結果の拡大解釈が一人歩きを初めて収拾がつかないことになるのではないかということを恐れています。

 「研究領域が歪んでいる」ということは、もちろんないと信じています。
Commented by viking at 2009-07-17 23:16 x
便乗して一言。

最近のstochinaiさんの基礎科学研究における新興分野(「脳科学」を含む)への発言に、僕は非常にきな臭いものを感じております。僕の目には、stochinaiさんの発言の端々から、発生学という長い歴史と伝統を持つ学問体系が、勃興したばかりでその地位の確立に四苦八苦している新興分野を軽蔑するかのような傲慢さが見受けられます。

このblogは、アクセスログをご覧になればおわかりの通り、数ある研究者blogの中でも群を抜いて影響力の強いblogです。そのようなblogにおいて、特定の研究分野を名指しして「歪んでいる」「怪しい」「信用できない」と書くことがどのような結果をもたらすか、お考えになったことがありますか? 残念ながら、昨今のstochinaiさんの発言からはそのような思慮があるようには思えません。
Commented by viking at 2009-07-17 23:19 x
(続き)

「脳科学」(我々としては神経科学ですが)に携わるわが身としては、「科学者からの強いメッセージ」をblogを通じて社会に向けて送り出すのに必死です。表にはまだ出ておりませんが、乱立する「似非脳科学者」を叩くのに我々も必死なのです。にもかかわらず、そういった現場の研究者の努力を詳しく調べることもなく、印象論だけで「脳科学は信用できない」というような趣旨のことを、分野は違えども第一線にある研究者ともあろうお方が堂々とweb上で発言するのは実に由々しきことです。

これほどまでに影響力のあるblogをお持ちなのですから、まずは個々の研究分野における事情をきちんと詳細に観察した上で、注意に注意を重ねた上で発言されますよう、切にお願いする次第です。
Commented by stochinai at 2009-07-18 00:25
 私個人としてはそれほど影響力を持っているという自覚がないものですから、このブログではしばしば科学に関する話題を取り上げてはおりますが、ある意味で軽い「雑談」のつもりのところがあります。影響力があるのだから注意せよというご忠告はありがたくお受けしますが、私としてはいつまでたっても自分のやっていることは「負け犬の遠吠え」に過ぎないという思いがあります。

 そういう意味で、私が何を言おうとチンピラの戯言くらいにしか受け止められないだろうという思いから、時々暴走することもあるかもしれません。
そして、時には結果的に「新興分野」を叩くような言い方をしていると言われると、そうかもしれないとも思います。そうした軽率さに関しては、お叱りを受けても仕方がないところがあることには、多少の自覚はあります。気分を害された方々には申し訳なく思います。

(続く)
Commented by stochinai at 2009-07-18 00:51
 確かに私は発生学上がりですが、発生学こそが伝統を持った正当派の学問であるなどというふうに思っているつもりはまったくなかったのですが、私の言葉の端々にそのような「匂い」を感じられると言われれば、それもあり得ることかもしれないと思い当たる節がないわけではありません。だからといって、それが根にあって「新興科学」を叩くなどということは思ってもいないことで、それは笑って否定させていただきたいところです。

(続く)
Commented by stochinai at 2009-07-18 00:52
 また、私としては個々の研究者を非難したり叩いたりということはできるだけしないように注意しているつもりですが、深層心理の中で、すでに国の科学政策や教育政策に大きな影響を持っていて、ただでさえ少ない研究予算が不均等に配分される原因の一つにもなってしまった「脳科学」や「再生医学」、さらには高齢化社会になって多数の国民が忘れたくても頭から離れない「老化」や「寿命」に関するテーマは、時として国民レベルでのミスリードをひき起こしてしまうほどの大きな影響力を持ってしまうことに危惧の念を持っています。それで、科学的研究の結果がテレビやマスコミに取り上げられて一人歩き始める前の段階で、さまざまな意見があり得るというバランスを取るつもりで時には必要以上に否定的な発言をしてしまっていることはあるかもしれません。

 それにしても、わたしが「噛みついて」いる相手はいつも大きいので、私ごときが多少過激なことを言ってもカが刺したほどの効果もないだろうと思っていましたが、そのことでK'さんやvikingさんが傷ついていたことを考えると、やはり不適切な側面があったのだろうと反省しております。

(続く)
Commented by stochinai at 2009-07-18 00:52
 ただ、正直に申し上げると「個々の研究分野における事情をきちんと詳細に観察した上で、注意に注意を重ねた上で発言」せよというのはとても無理だとお返事せざるを得ません。それを忠実に守ろうとすると、何も言えなくなってしまいます。(今までもまったく無視していたわけではないのですが)今後は、できるだけいろいろなことを調べ考慮したいとは思ってはおりますが、やはり多少軽率な発言もしてしまうと恐れはあります。、その時はまた今回のように率直にご批判をいただけることを期待しつつ、発言を続けることをお許し願えると幸いです。
Commented by satto at 2009-07-18 10:04 x
ブログなんですから、自由に意見を述べてください。
それに対して違うと思ったら、理由をつけて違うということを述べて反論すればよろしい。そうして、根拠のある議論のなっていけばよろしいのです。
 「脳科学」の話がありましたが、Tochinaiさんのご心配はよく理解できます。自分も昔は神経科学に少し関わっていましたので、まだまだ分からないことの多いその世界をもとに、あたかも断定的に「脳はこうだから云々」などと科学者やメディアが人の生き方にまで訓示を垂れるのは、オイオイ、と言いたくなります。
Commented by usk at 2009-07-18 11:54 x
気にしすぎる事は今のTVのように面白く無くなるので、反対です。
そもそも専門分野外への理解なんて、(知った気にはなれても、)たかが知れているでしょう。

ただ科学者として、偏見を持つことは致命的だとは思いますけどね。
Commented by viking at 2009-07-18 12:40 x
>stochinaiさん
もちろん、stochinaiさんご自身のblogなのですから、これからも大いに発言していただければと思いますし、僕自身今後もstochinaiさんのblog記事を拝読するのを楽しみにしております。ただ、印象論に基づく発言にだけは気をつけていただければ、と思います。

>sattoさん
あれは科学者ではなく、「脳文化人」なのだともっと突っ込んでいかなければいかんようです。
Commented by stochinai at 2009-07-18 13:12
 私はとても不完全な人間であり、その結果としてこのブログも不完全で、その日の調子によっては変な議論も多くなりがちですが、とりあえず双方向性を確保して、何かあったらこんなふうに皆さんが突っ込んでくれることにも期待しながら、なんとか続けていこうと思います。

 今後とも、よろしくお願いいたします。
by stochinai | 2009-07-16 20:42 | 医療・健康 | Comments(14)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai