5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

網戸越しに楽しむノウゼンカズラ

 札幌では盆踊りの夜は涼しいものと昔から相場が決まっており、夏の終わりと秋の訪れを同時に実感する機会でもあります。

 夕方を過ぎる頃から、盆踊りのお囃子が聞こえていました。私の周辺では、お盆の迎え火や送り火を見たことはほとんどないのですが、京都の五山送り火がニュースになっています。秋田では秋田犬を主人公にした映画にちなんで、大文字焼きの大の字を一時的に犬の字にするというイベントも行われたようです。私には宗教的こだわりがあるわけではありませんが、いちおう伝統的な宗教儀式として行われているものに、あっさりとそうしたコマーシャリズムがはいってしまうと、なんだか落ち着かない違和感を感じてしまうのは、やはり私の意識の中にも「宗教色のある伝統」が受け継がれているということなのかもしれません。

 今年の札幌は、先々週末から先週前半にかけて駆け込みのように暑い日が続き、なんとか夏を味わわせてもらうことができましたが、いかにも北国らしい「一瞬の夏」でした。これからは、急速に秋へと向かうことになるでしょう。

 とはいえ、昼間はまだまだ夏らしい強い日差しも照りつけます。先日、ようやく咲き始めてくれた「家の壁に匍わせたノウゼンカズラ」は外から眺めるよりは、実は葉が日よけのように窓を覆いつつ、家の中から花を愛でることを狙って仕立てたものでした。

 その狙いがようやくかなって、網戸の向こうにノウゼンカズラの花が咲きました。網戸には、涼しげに葉の影も映っています。
網戸越しに楽しむノウゼンカズラ_c0025115_22492095.jpg
 このくらい離れると、網戸も花も同時に撮すことができるのですが、コンパクトデジカメでは網戸越しに花を撮すのがとても難しいのです。何枚かのチャレンジの後なんとか網戸越しの感じを出したものが撮れました。
網戸越しに楽しむノウゼンカズラ_c0025115_22523622.jpg
 とまあ、人間は勝手に景色を見て涼しがっているのですが、ネコにはそうした風流は無縁で「暑いものは暑い」とバテているのでした。
網戸越しに楽しむノウゼンカズラ_c0025115_22564883.jpg
 夏には予約が取れず、すでに涼しくなっている1ヶ月後にようやく毛刈りをしてもらえることになっている武蔵丸です(申し訳ない)。
Commented by 耕太郎 at 2009-08-16 23:18 x
はじめまして,いつも更新を楽しみにしております。

札幌出身の院生です。

私はたいそうな猫好きで,武蔵丸君があまりにも可愛く,コメント致しました。
Commented by さなえ at 2009-08-17 05:51 x
あの衝撃の武蔵丸君の姿はつぶやきさん刈り込みによるものだと思っていました。美容院の予約が1ヶ月先とは、またずいぶんな人気店なんですね。武蔵丸君の写真が毛刈りの見本として店先に掲げてあるためだったりして(^o^)
Commented by stochinai at 2009-08-17 12:41
>耕太郎さん
 コメントありがとうございます。本人(本猫?)に伝えておきました。

>さなえさん
 武蔵丸は毛をすくのですらいやがり、噛みつきながら逃げていきます。獣医さんのところでは「借りてきた猫」になって、おとなしく毛を刈られているようです。(それでも、一日仕事ですが。)たしかに、その獣医さんはとても評判が良く、病気以外は2ヶ月前予約も普通です。
by stochinai | 2009-08-16 23:02 | 札幌・北海道 | Comments(3)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai