5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

シンポジウム「日本の科学技術コミュニケーションのこれから」

 今年度で、「科学技術振興調整費・新興分野人材養成プログラム」に採択されたプログラムとしてのCoSTEPが終了することもあり、CoSTEPが明日と明後日に、海外からも著名なゲストを招いて「日本の科学技術コミュニケーションのこれから」という国際シンポジウムを開くことになっています。(どうしてこんな素晴らしいポスターがCoSTEPのホームページに掲載されていないのか不可解ですが、こちらで発見しました!)
シンポジウム「日本の科学技術コミュニケーションのこれから」_c0025115_15524424.jpg
 ポスターを良く見ると、英語のタイトルは For Future Science & Technology Communication in Japan となっています。
日時:2010年1月23日(土)13時 ~ 1月24日(日)15時
会場:北海道大学 創成科学研究棟 大会議室(札幌市北区北21条西10丁目)
 会場となる「北海道大学 創成科学研究棟」(札幌市北区北21条西10丁目)は、北大の北の端にあります。理学部からはめちゃめちゃ遠いので、あらかじめウェブでご確認ください。
参加費:無料
参加登録:ご参加をご希望の方は、事前登録をお願いします(先着200名様)。
主催:北海道大学 科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP)
後援:北海道大学 創成研究機構
 先着200名で参加希望者の事前登録が必要ですが、「噂」によればまだ空席があるそうですので、明日明後日お時間のあるかたは、こちらからオンラインで申し込みしてどんどんお集まりください。

 明日は午後1時から午後5時35分まで、明後日は午前9時半から午後3時までとなっています。明日は午後6時かな同じ建物内にあるレストランで懇親会(会費4000円)がありますが、明後日の昼食はご持参なさるのがよろしいようです。

 こちらで発表されているプログラムです。
プログラム

2010年1月23日(土)

13:00~13:15 開催にあたって
13:15~13:55 講演 (石村源生 氏)
「科学技術コンテンツを『コミュニケーショ ン生態系』の中に位置づける」
13:55~14:55講演 (Prof. Spencer Davis LLOYD )
"A Framework for Science Communication from a Down Under Perspective" (通訳付)
14:55~15:00休憩
15:00~15:40講演 (小出五郎 氏)
「科学コミュニケーション:送り手のリテラシー、受け手のリテラシー」
15:40~16:00休憩
16:00~16:50パ ネルディスカッション I 
(講演内容をもとに議論)
16:50~16:55休憩
16:55~17:35パ ネルディスカッション II 
(日本の科学技術コミュニケーションのあり方)
   
18:00~20:00懇親会 (参加費4000円)
会場: レストラン・ポプラ (同じ建物内)



2010年1月24日(日)

9:30~10:10 講演 (三上直之 氏)
「CoSTEPでの『対話の場の創造』の実践:科学技術への市民参加に向けて」
10:10~10:20 休憩
10:20~11:20講演 (Prof. Tom WAKEFORD)
"From transmission to co-inquiry: Future trends in science communication from a European perspective" (通訳付)
11:20~12:00講演 (小林傳司 氏)
「科学技術への市民の関与:市民参加・市民 科学の可能性」
12:00~13:00昼食
13:00~13:50パネルディスカッ ション III 
(午前中の講演内容をもとに議論)
13:50~14:00休憩
14:00~14:40パネルディスカッション IV 
(科学技術をめぐる「市民対話」のあり方)
14:40~15:002日間を振り返って
 科学技術のアネクドートさんのところでは、「3大学とも、科学技術振興調整費を受けられるのは2010年3月まで。予算が切れる分野に、人は寄り付かなくなるといわれます。科学技術コミュニケーションとよばれる分野も、蜘蛛の子を散らすように人が離れていくのでしょうか」と書かれていますが、北海道大学では来年度からは大学内の組織としてCoSTEPが継承されることになっています。

 北大がどうして大学としてこの組織を継続することにしたのかについての謎を解くヒントが得られるかもしれません。興味のある方は、北大北キャンパスへ是非ともお越しください。
「日本で、科学技術への市民参加は根づくのか?」という問題提起の答は見出せるでしょうか。

by stochinai | 2010-01-22 16:15 | コミュニケーション | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai