5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

【サンプルモニター】 知覚過敏対策歯ミガキペースト


 もともと甘いものはそんなに食べないので、いわゆる虫歯に悩まされることはほとんどありませんでした。時々行く歯医者さんにも虫歯はないといわれています。でも、これも結構昔からのことなのですが、冷たい水やアイスクリームなどで「歯がシミる」のはしょっちゅうです。この歯がシミる程度はいわゆる「体調」によって異なり、過労や寝不足などの時には明らかに症状が強く感じられます。

 もともと甘いものをあまり食べない私が、歯のシミを感じるのはなんと言ってもこれです。
c0025115_095841.jpg
 とは言っても、実はこれはジンのオンザロックです。アルコールの濃いお酒を、歯がシミるほど一気に口の中に流し込むことはないので、オンザロックで歯がシミることはないのですが、冷たい水を口に大量に含むと歯の根元がシミる気がします。

 また、歯を磨くたびに歯ブラシがあたるとシミる箇所が一箇所あります。
c0025115_0134753.jpg
 (C)photoXpress

 それに、めったに食べないのですが、たまにケーキやチョコレートを食べたときに歯の周りにクリームやチョコレートがまとわりついたような状態になったときに、一過性で歯のシミを感じることもよくあります。せっかくなので、甘いものの写真も出しておきましょう。
c0025115_0162677.jpg
 (C)photoXpress

 歯にモノ(冷たいもの、甘いもの、歯ブラシなど)が触れた時にだけ一過性にシミを感じ、それらの原因が歯の付近からなくなったときには、あっさりとシミも消えてしまうことから、これは最近テレビのコマーシャルなどでもよく見聞きするようになった「知覚過敏」というものだと(勝手に)思っていました。

 こちらのサイト「知覚過敏SOS」に知覚過敏についての詳しい説明があります。

 また「過敏」という言葉から、原因はなんとなく「精神的なもの」であり、あまり気にすることはないとも考えていましたが、知覚過敏は適切なケアで改善できるらしく、先日そのケアのために役立つハミガキ粉の使用モニターを募集していたので応募したところ、数日前にハミガキ粉が送られてきました。

 薬用の知覚過敏予防ハミガキ粉(粉ではなくペースト状の「練り歯磨き」なので、私は練り歯磨きとか歯磨きペーストとか呼びたいのですが、専門用語ではハミガキ粉というのかもしれません)が送られてきましたので、それをしばらく使ってみて私の「知覚過敏」の症状がどのように変化するのかをモニターするというのが今回私に課せられたミッションです。

 私としては、せっかくいただいたものなので商品の写真なども出したいところなのですが、どうやら薬事法がらみで、特定の製品名や製造元企業名を記載した記事広告が禁止されているらしく、「特定の製品名や社名の記載、商品パッケージ写真の掲載は禁止しています。また、「治る」「治す」「症状を緩和する」という用語についても一切記載しないでください」ということなので、残念ですが何が送られてきたかは「秘密」です。ブログで堂々と書いていながらも、秘密を守ろうとする企みに参加している自分もなんだか楽しい気分です。

 というわけで、数日前から朝晩2回、この「知覚過敏予防ハミガキ粉」を使って歯ミガキを行い始めました。2週間くらいすると効果が現れてくる可能性があるらしいということなので、その時にまた結果をご報告したいと思います。効果が出たら大変にありがたいことですし、効果がなかったら私の歯のシミは「初期の虫歯」ということになるのかもしれません(笑)。

 いずれにせよ、2週間は被験者として粛々と暮らさせていただくことにします。他の要因がはいらないように気を付けたほうがいいんでしょうね・・・(できるかな?)。

[PR by ブログタイムズ]
by stochinai | 2010-03-14 23:55 | つぶやき | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai