5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

寒さの中でサクラが咲き進む札幌

 今日は午前中から、雨足はそれほど強くないものの、しとしとと雨が降り続きました。実は、一昨日注文していた自転車ナビ用のクレードルがようやく届いたので、今日あたり天気が良ければナビにガイドしてもらってポタリングでもと思っていたのですが、とてもそんな状況ではなくほぼ最短距離で大学を往復といういつものルートになってしまいました。

 それでも、せっかく届いたクレードルにナビを装着して走りたいのは、自分でも「子供だなあ」と思います。
寒さの中でサクラが咲き進む札幌_c0025115_22585350.jpg
 NV-U35はいちおう簡易防滴仕様になっているので、このくらいの雨ならばむき出しでも大丈夫なのですが、いちおう新しいうちだけでもということで、ジップロックでくるんでダブルクリップで留めるというずさんなものではありますが「雨よけ」をしてみました。この状態でタッチパネルの操作も問題ありません。

 こういうお供があると、雨の日の自転車もあまり苦になりません。ところが、大学に着いてみると今教えていないクラスの学生から5通ものメールが届いており、びっくりしました。おまけに、そのうち2通にはレポートが添付されています。???と思いながら、じっくりと見直してみると、なんと発信がFri, 16 Feb 2007 の朝6時前後のものばかりでした。レポートには「講義の欠席レポートを提出します」と書かれており、すべてがほぼ同じ文面で、添付されていたレポートも2本とも同じものでした。

 私は講義への出席はうるさく、欠席した場合には理由の如何を問わずにレポートを提出することを義務づけておりますので、件の学生はあせってしまいエラーも含めて5通も送ってきたのだと思いますが、なにせ発信が2007年の2月ということは、その直後くらいにはすでに成績をつけてしまっている遠い過去の出来事です。心配になって、当時のメール記録と成績記録を調べてみると、なんとこの学生はほぼ同じレポートが添付されたメールを他にも2本送ってきており、本日届いたレポートも成績にも反映されていることがわかりました。

 最近では成績の記録とそれを算出した証拠書類は5年間保存を義務づけられておりますので、3年前のことだおしても、もしミスが明らかになった場合には、対応を迫られるかもしれないとちょっと冷や汗が出たのですが、すでに対応済みのメールが再送されてきたものとわかり、ほっとしました。

 それにしても、なぜ今頃に大量のメールが再送されてきたのかは謎のままです。メールは@yahoo.co.jpというアドレスを持つYahooメールでした。Yahooにあるいは、この学生に、何かあったのでしょうか。

 それはさておき、今日は最高気温こそ12℃を越えたものの、ほぼ一日中10℃以下の気温で小雨がそぼ降っていましたから、せっかくあちこちでサクラが咲き始めているのに、それを愛でる人がほとんど出てこられない状況のようです。おかげさまで、北大のサクラは独り占めにして撮影することができました。

 こちらは、知る人ぞ知るサクラの名所、工学部の前庭です。
寒さの中でサクラが咲き進む札幌_c0025115_23222234.jpg
 そして、こちらが大野池。
寒さの中でサクラが咲き進む札幌_c0025115_23235698.jpg
 サクラの木も多くなく、いずれも小さな木ばかりなのですが、やはり池のまわりに咲くサクラはとてもいい雰囲気があります。それに、人がいないのが最高です。手前はエゾムラサキツツジです。

 北大を南北に走る中央道路をはさんで大野池と反対側にある弓道場のまわりも、静かでいい感じです。こちらには、キタコブシが咲いていました。(見えにくかったら、画像をクリックして拡大してください。)
寒さの中でサクラが咲き進む札幌_c0025115_23253453.jpg
 構内にはハクモクレンもたくさんあるのですが、小さな木に大きな花がたくさん着くハクモクレンよりも、大きな木にそれほど派手ではない花が遠慮がちに着くキタコブシこそが、北国の春の女王にふさわしいと思います。

 これで、暖かくなったら多くの人がどっと出てきますし、あちこちで行われるジンギスカンの煙で、まったく違った光景になってしまうので、天気が悪いのは憂鬱ですが、これはこれで良い雰囲気を楽しめた週末の午後でした。
by stochinai | 2010-05-08 23:37 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai