5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

しぼまないアサガオ

 今朝は久しぶりにのんびりと遅く起きたのですが、庭にこの夏初めてのアサガオが咲いているのを見て、大喜びしてしまいました。もう9時半だったので、しぼんでしまう前にということで、急いで写真を撮りました。
しぼまないアサガオ_c0025115_21435684.jpg
 アサガオはかなり高温にならないと芽が出ませんので、5月の連休頃に室内で種を蒔いて6月になってから庭や屋外のプランターに下ろしていたものです。

 薄青色のアサガオが咲くことを期待していたのですが、咲いたのはほとんど白い花で、よく見ると絵の具を飛び散らしたような青い色がはいっていて、接近して見るとなかなかきれいです。
しぼまないアサガオ_c0025115_21454839.jpg
 で、このアサガオなのですが、なかなかしっかりしていて昼頃もまだ大丈夫でした。

 びっくりしたのは、選挙の投票に行って帰ってきた4時頃にも、ほとんど朝と同じように開いていたことです。
しぼまないアサガオ_c0025115_21435483.jpg
 こうして写真に撮ってくらべてみると、ほとんどしぼむ気配が感じられません。

 あせってネットで調べてみると、西洋アサガオと呼ばれるものは、普通の日でも昼頃まで、曇りの日には夕方まで花が開いたままになっているとのこと。種を買ったときには、ただの「アサガオ」としか意識していませんでしたが、西洋アサガオだったものと思われます。

 さすがに、6時頃にはしぼみ始めました。
しぼまないアサガオ_c0025115_21435027.jpg
 普通、アサガオは昼になる前にしぼんでしまってがっかりするものですが、今日は夕方になってしぼみ始めるとなんだかほっとするという変な気分でした。

 庭の花は少し少なめに推移しているのですが、玄関フードや室内で冬越しした花たちはようやく調子を取り戻し始めて、花を咲かせています。
しぼまないアサガオ_c0025115_21434047.jpg
 奥にある赤い花は、私の部屋で冬を越したアイビーゼラニウム。手前の白い葉で黄色い花は、ワタスギギクです。ワタスギギクは外国ではコットンラベンダーというのだそうで、そういえば、葉が白い粉を吹いたようにみえるところなど、ラベンダーに雰囲気が似てなくもありません。

 こちらが、ほんものの地植えのラベンダーです。
しぼまないアサガオ_c0025115_21433880.jpg
 今年はハスカップの実もときどき摘んで食べられるくらいはなりました。
しぼまないアサガオ_c0025115_2143361.jpg
 でも、なんだか朝晩は涼しげで、このまま秋にならないかと不安を覚える毎日です。
by stochinai | 2010-07-11 22:05 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai