5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

じわりBSE問題

 つい先頃まで、アメリカから輸入することになる牛肉に関しては、アメリカの要求に応じ、すべての食用牛をBSE検査する「全頭検査」を改め、生後20カ月齢以下の若い牛を検査対象から外すことなどが食品安全委員会で決まったばかりですが、これは行けると思ったのか、「米国政府の担当官は12日都内で会見し、牛海綿状脳症(BSE)の検査対象を生後30カ月齢以上に引き上げるよう求める意見書を食品安全委員会に提出したことを明らかにした」とのことです。

 一方、北海道では毎週のようにBSE牛が発見されています。

 北海道で17頭目のBSE牛

 これは、今までになく若く54カ月齢でした。なんと、2000年9月生まれ。

 北海道の108カ月齢の乳牛がBSE 国内16例目

 これは、すごい老齢。1996年生まれです。

 15頭目のBSE感染は、1996年8月生まれでした。

 というわけで、いままでは1996年くらい生まれのウシが多かったのですが、1996年8月1日の肉骨粉等牛由来飼料全面使用禁止のかなり後の、2000年生まれのウシでBSEの確定診断が出ているのは気持ち悪いですね。

 54カ月齢の牛で、体がふるえ、立てなくなるといった症状が出ていたそうです。30カ月例と54カ月例って、そんなに違わない気がするんですけど、20カ月例と30カ月例はもっと違わないという意見もあるのかもしれません。

 食品安全委員会はどうするんでしょう。
by stochinai | 2005-04-13 21:33 | 生物学 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai