5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

暑い!といっても猛暑日にはならず

 昨日から、今日は10年ぶりに35℃を越える猛暑日になるぞ、と繰り返し天気予報で脅されていましたが、結果的には最高気温が32.3℃でおさまりました。こちらは気象庁のホームページのデータです。
暑い!といっても猛暑日にはならず_c0025115_2310797.jpg
 一番下にある、最高気温のデータが午前0時から午後3時の間に32.3℃を記録していますが、それよりも暑いことが予想されそうな午前9時から午後9時の間の最高気温はそれよりも低い32.1℃になっています。

 直感的にはわかりにくいのですが、このウェザーニュースのグラフを見ると良くわかります。
暑い!といっても猛暑日にはならず_c0025115_2310536.jpg
 夜明けとともに急速に気温が上がり始め、9時頃にピークを迎えているのです。

 つまり、上の最高気温のデータでは9時直前に最高気温が記録され、その後はだらだらと高温が続いた一日であったことがわかります。

 しかし、たとえ猛暑日にはならなかったとはいえ、エアコン普及率が20%という札幌ですから、どこへ行っても暑いのです。

 さらに札幌らしくないことには、日が落ちても気温がほとんど下がりません。札幌お天気ネットによる札幌市内各区と周辺の気温を見ると、午後10時半になっても市内中心部では30℃を維持しています。
暑い!といっても猛暑日にはならず_c0025115_2310112.jpg
 これは、ヒートアイランド現象も影響しているのかもしれませんが、これでは外で涼むこともままならない感じです。

 天気予報によれば、この後朝までは26℃くらいに下がってくれるようですし、(北海道としては夜に26℃という気温は十分に高すぎなのですが)、明日は午後からは雨も予報されているのでなんとか今日をピークに暑さがおさまってくれることを期待したいと思います。

 それにしても、この感じが何週間も続いている地方の方々はどうやって生きているのか不思議になります。北海道だとこの状態が一週間続いたら、あらゆる業務が停止することでしょう。

 猛吹雪や寒波なら耐えられますが、こんなに暑いのは勘弁です。
by stochinai | 2010-08-06 23:25 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai