5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

学会シーズン

 明日から、東京大学で日本動物学会の第81回大会が始まります。
学会シーズン_c0025115_19154045.jpg
 一方、今週の月曜日から明日まで、北海道大学で日本遺伝学会第82回大会が開催中です。

 私は遺伝学会の会員ではないのですが、明日開催される公開市民講座「遺伝学は語るー未来へのメッセージ」と並行して開かれる、高校生の生物学研究ポスター発表の審査と講評を頼まれてしまったために、明日は動物学会に参加することができなくなりました。

 私は動物学会の会員であるため参加するようにしているのですが、遺伝学会の方からは半年以上も前から予約されていたため、運が悪くなければなんとかなるだろうと思い、お引き受けすることにしていたのです。
学会シーズン_c0025115_19153834.jpg
 ところがやはり運悪く、動物学会でのうちの学生の発表が明日ということになってしまいました。

 遺伝学会の市民プログラムは以下のように5時まで続きますので、すぐに東京に飛んだとしても動物学会初日にはまったく間に合いません。
11:30~12:20 高校生生物学研究ポスター発表1回目 50分
13:00~13:10 大会委員長(高木先生)挨拶 10分
13:10~13:50 武田和義(岡山大学資源生物科学研究所 特任教授)「世界を養う遺伝資源」
13:50~14:30 黒岩麻里(北海道大学大学院理学研究院 生命理学部門 准教授)「天然記念物トゲネズミの保全活動と遺伝学」
14:30~15:10 高校生生物学研究ポスター発表2回目
15:10~15:50 新川詔夫(北海道医療大学学長)「ヒト個体差の遺伝学:耳あか遺伝子が語る弥生人と縄文人」
15:50~16:30 喜田 宏(北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター長)「鳥・ブタそしてパンデミックインフルエンザ」
16:30~17:00 高校生生物学研究ポスター講評・表彰式 30分
池内達郎(日本遺伝学会「遺伝学の教育と普及に関する特別委員会」委員長)
春日秀夫(札幌清田高等学校)
加藤 誠(北海道立教育研究所付属理科教育センター)
栃内新(北海道大学理学研究院)
 というわけで、覚悟を決めて明日は夜遅く東京入りということにしました。

 ところが、いろいろと事情は重なるもので、24日の夜には動物学会の懇親会があるのですが、その時間とオーバーラップして早稲田大学で別件の会議が開かれることになりました。そちらは、少人数の会議なので抜けるわけにも行かないので、今年の動物学会の懇親会も不参加ということになります。

 動物学会の方も市民公開プログラムがあります。
学会シーズン_c0025115_1930094.jpg
 そして高校生によるポスター発表です。
          第3日目 9月25日(土) 13:00~15:00
          13号館 1321室、1322室、および二階ホール
(会場が変更になりましたのでご注意ください)

 なんと参加ポスターの数は31もあります。ポスターのタイトルはこちらにありますが、いずれも意欲的でレベルの高いものです。是非とも、ごらんになってコメントや励ましの言葉をかけてあげてください。

 というわけで、明日からは怒濤の3日間が始まります。
Commented by ぢゅにあ at 2010-09-22 23:40 x
全然、話はとびますが
遺伝学会のポスター、すごくいいです!
Commented by stochinai at 2010-09-23 07:15
 うちの研究室出身のサイエンス・イラストレーターが作りました。
by stochinai | 2010-09-22 19:34 | 科学一般 | Comments(2)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai