5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

中国の暴動と日本の脅迫メール

 中国人は反日行動をデモで示します。ときに暴徒化しますけれども、顔も見えるしある意味で堂々とやっているように思います。日本なら、警察に写真を撮りまくられて、徹底的に調べられて個人情報は裸にされてしまうと思います。

 それに対する日本の反中国活動。領事館だか大使館に突入して、自分に火をつけた方がいらっしゃいましたが、新聞で報道されている代表的なものはカミソリを入れた脅迫文を送りつけるものでした。警察でも、犯人をそう簡単には特定できないようです。

 この差は、単に数の差なんでしょうか。

 もし何でしたら、双方から100人ずつでも出てきてもらって、どこかで公開討論会でもやっていただいたらどうでしょう。

 もちろん、どこかの島で武器を使わずに格闘技で闘ってもらってもいいんですけど、その場合は勝った方が正しい方とは限らないのは、普通の戦争と同じなので決着はつかないと思いますが、爆発したい人同士に爆発しあってもらうのはひとつの方策ではないかと思います。

 ちょっと、肩の力を抜いていただきたいと言うことで、脱力エントリーを書いてみました。

 まずは、落ち着きましょうよ。
by stochinai | 2005-04-20 11:55 | つぶやき | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai