5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

BSEが今どうなっているのかご存知ですか?

 最近はBSE(牛海綿状脳症)そのものが報道に取り上げられることがほとんどなくなってきています。では、もう安全性は確保されているのでしょうか。これは昨年3月10日の毎日新聞の記事の一部です。

<BSE>全頭検査、全自治体が来年度も継続
 牛肉のBSE(牛海綿状脳症)対策で、国が不必要とする生後20カ月以下の牛の検査を、食肉検査施設を持つ全自治体が今年4月以後も独自予算で続けることが、毎日新聞の調査で分かった。国は今年度途中で年約2億円に上る補助を打ち切ったが、自治体側では全頭検査の既定路線化が進んでいる。【清水健二、奥山智己】
 牛の全頭検査をしているのは世界で日本しかない。厚生労働省は05年8月、(1)02年1月生まれ以降の感染例はない(2)仮に感染しても検査で見つかる可能性は低い--などの理由で、対象を21カ月以上に限定。20カ月以下の検査も続ける自治体には3年間の限定で補助金を出していたが、昨年7月で打ち切った。
 現在は施設を持つ都道府県や政令市など全77自治体が全頭検査を続けており、各担当者に今後の対応を聞いたところ、すべて「継続する」と答えた。消費者の要望や地元産牛肉のブランド維持、流通の混乱回避が主な理由だが、「改めて議論したか」との問いには、約4割の30自治体が「していない」と回答した。
 国はもういらないといって予算を打ち切った「全頭検査」を、様々な自治体が地方の少ない税金を使って継続しているということを、皆さんは知っていたでしょうか。

 こうした状況の中で酪農王国北海道の住民として、もういちどBSEのことを考えてみようというイベントを行います。
c0025115_2059157.jpg
 第1部はどなたでもご自由に聴講できる講演会ですが、第2部は少人数で討論をする企画で定員が30名と制限されているために申し込みが必要です。ご希望の方は電子メール(riric@agr.hokudai.ac.jp)、電話またはファクシミリ(TEL/FAX 011-706-4129)で申し込んでください。

 北海道大学のホームページ(BSE熟議場 in 北大)にも案内がありますが、こちらにも再掲しておきます。先着30名と少ないので申し訳ありませんが、お早めにご連絡ください。

BSE熟議場 in 北大
-昔と今を結ぶ:もう一度BSE問題を考えよう-
 2013年に日本が「BSEのない国」の仲間入りができる可能性があります。その時に、BSE全頭検査はどうなるのでしょうか?お上に任せますか?それとも、未来の意見作りに私たち市民が参加しますか?でも、どうやって?先ず、そのような気運作りが最初の一歩です。「BSE熟議場 in 北大」は、主婦や高校生から獣医師や研究者まで社会の色々な人たちが集まって意見を述べ合い、議論を重ねる場です。その先に共感できる点や対立点などを見出して、未来の議論につなげます。

■日時
2010年12月11日(土)10:30~16:30

■会場
北海道大学農学部4階大講堂(札幌市北区北9西9)
札幌駅北口より徒歩10分

■参加対象
どなたでも(生徒、学生の参加も歓迎)

■募集人数
第2部のみ要申込30名

■参加費
無料

■お申し込み方法
氏名と連絡先を明記し、電子メール(riric@agr.hokudai.ac.jp)、電話またはファクシミリ(TEL/FAX 011-706-4129)のいずれかにて12月10日(金)までにお申し込み下さい。

■プログラム
第1部 「BSEって何だったの?」 10:30~12:30
吉川泰弘(食品安全委員会元プリオン専門調査会座長)・門平睦代(帯広畜産大学)
    ◇BSEってどんな病気?
    ◇日本で行われているBSE対策
    ◇食品安全委員会でBSEリスク評価に関わった立場より
    ◇吉川先生の考えるリスク分析
    ◇会場参加者との意見交換

第2部 「まるくなって語り合おう」 13:30~16:30
吉川泰弘・ 相澤宏(北海道新聞)・ 桑名真人(北海道庁)
    ◇3人の語り合いを聞いてみよう!
     BSE発生当時を振り返り、当時の状況や今後について語り合う
    ◇みんなで語り合おう!
     参加者全員でBSE問題について共有できること、できないことをみつける

TEL/FAX:011-706-4129(電話は平日9:30~17:00)
E-mail:riric@agr.hokudai.ac.jp
ホームページ:http://www.agr.hokudai.ac.jp/riric/
(北海道大学農学研究院 吉田省子、大原眞紀、平川全機)

Commented by はてぶ巡りから at 2010-11-27 09:51 x
北海道は遠いので事後レポートとかあれば読ませていただきたいです。

ところで先日の豪とのレアアース供給会談の裏で外相がEPAを進めましょうと合意した事について、
あまりに農家の反応がないのを不思議に思ってます。
北海道の現場としては、どんな感じなんでしょう?
Commented by stochinai at 2010-11-27 13:52
 できる限り、事後レポートの作成を努力したいと思います。

 農家の方は直接行動をすることはあまりせず、農協などの組織として動くときに表に出てくるような印象を私は持っています。個々の農家の方と話をしてみると、いろいろな意見があることがわかります。そのあたりは、国立大学の教員と国立大学協会の関係に似ているような気もします。

 「国」などに財政的に首根っこを押さえられていると、そういうふうになってしまうのかもしれません。
by stochinai | 2010-11-26 21:18 | 医療・健康 | Comments(2)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai