5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

学校(大学)での授業(講義)はどうあるべきかのプレゼン

 スティーブン・ジョブスを初めとして、アメリカ人にはプレゼンの上手な人がたくさんいます。プレゼンという手段が生きるための武器であると国全体が強く意識しているのがアメリカ合衆国という国なのかもしれません、

 そういうわけで、たくさんのプレゼンの秘訣が書かれたり、まさにプレゼンされたりしています。当然、プレゼンを専門としたブログもあり、そんな中で私のお気に入りの一つがこれです。

 Presentation Zen

 Garr Reybnoldsという人のブログですが、彼はパワーポイントを使ったプレゼンのバイブルとも言われることもあるベストセラー「Presentation Zen」の著者でもあります。

Presentation Zen: Simple Ideas on Presentation Design and Delivery (Voices That Matter)

 彼は現在、日本にいるのか、日米を往復しているのかわかりませんが、「関西の私立大学で助教授として、マーケティングやマルチメディアプレゼンテーションなどを教えている」そうです。それでなのか、ここには、その本の神髄が日本語でまとめられています。
講演のヒント トップ10

1. 熱意を見せる
2. 始まりを効果的に
3. 講演は短めに
4. 演壇から離れる
5. リモコンを使う
6. "B" キーを忘れずに
7. アイコンタクトをうまく取る
8. 照明はつけたままに
9. 少人数にはテレビを使う
10. いかなる時も、礼儀正しく、愛想良く、プロフェッショナルに
 詳しくは、ご自分で読んでいただくことにして、今日は彼の最近のブログから「教育に必要な連携と体験」という記事をご紹介します。

 ご多分に漏れず、アメリカでも教育というものは退屈で不毛な講義の寄せ集めということになっているようです。TEDでもいかに教育が生徒から創造性を奪い去っているかについてのプレゼンがあったようですので、興味のある方は是非ともごらんください。

 Ken Robinson says schools kill creativity

 今回のブログでは、Dr. Tae というKoreanの物理学の先生が、どうして学校(大学)の授業(講義)はつまらなく、無意味なのかということと、ではどうしたら良いのかということについてのプレゼンを紹介しています。結論はまあ妥当な線で、大きな講義室で行われる「座学」から、学生が自ら学び、友人達とともに学ぶ、「分散型教育」のすすめを説いています。

 プレゼンは、ブログの中に vimeo で30分のビデオとして埋め込まれているのですが、YouTube にも3つに分けたものがありますので、ここに転載しておきます。全体の起承転結を見ないとこのプレゼンの素晴らしさはわからないと思いますが、どうしても忙しいとかの理由で結論だけを知りたいという方は第3部だけを見てください。

 第1部 なぜ学校の講義はつまらないのか 良い先生がいないから


 第2部 学ぶと言うことはどういうことなのか スケボーの練習に学ぶ


 第3部 どうすれば良いのか 学校を変える 実習型・分散型学習


 主張されていること自体はそれほど目新しくもなく、同様に結論もそれほどユニークなものではないのですが、このプレゼン自身がなかなか良くできていると思いました。

 学校での正しい教育のやり方を学ぶというよりは、プレゼンの仕方の参考になるということで、Dr.Tae のプレゼンがこのブログで取り上げられているのだと感じました。

 というわけで Garr Reynolds が Dr. Tae のプレゼンから得たインスピレーションは、たとえ数百人の聴衆が座って話を聞くようなシチュエーションでも、「聴衆に何かをさせる」ということで、プレゼンの印象を強めることができるということとか、セミナーでは受講者同士が教え合いながら共同作業をする「分散型教育」を取り入れると効果的なものになることなどのようです。やはりプレゼンと教育には共通点が多いということですね。

 そう思いながら第1部に戻って考えると、学校の先生にはプレゼンのうまい人を雇おうというメッセージにもなっています。日本では、プレゼンという「見た目」よりも、そこで提供される話の「中身」が問題だと言われることがしばしばありますが、いかに素晴らしい中身が話されたとしても、その提供のされ方がつまらないと、学生は教室から逃げ出しますし、たとえ教室に出てきたとしても寝ているだけになってしまいかねません。

 やはり、まず聴衆を聴く気にさせ、次に自ら学ぶ気にさせる、これはプレゼンでも教育でも同じ鉄則だと思います。
by stochinai | 2010-12-01 17:01 | 大学・高等教育 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai