5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

繁殖禁止

 ホームセンターで、花が散りそうになった黄色のミニバラを買ってきました。もちろん、みすぼらしくなっていたのでお値下げ品ということで198円。

 大事に育てて、またたくさん花を咲かせようと、鉢をくるんでいたラップをはずしたら、鉢に文字が書いてあります。

 「農水省種苗登録・申請品種 繁殖禁止」

 繁殖禁止って言われても、もしも勝手に枝が折れて、地面に落ちて根が生えてきたりしたらどうしましょう。

 こういう条項を破ったら、検挙されたり罰金を取られたりするんでしょうか。それとも、著作権法みたいに「個人的に楽しむ分には」、複製(繁殖)が許可されたりするのでしょうか。

 最近は、園芸植物もどんどん新品種が出てきていて、多くのものは知的所有権(?)で保護されているんでしょうね。

 犬とか猫などでも、意外と繁殖禁止条項があったりするものがあるのかもしれませんね。

 そういう動物や植物には、「自分で繁殖する権利」はないのかな~、と思っちゃいます。
Commented by さなえ at 2005-04-22 13:20 x
録画や録音と同じで、商業的な規模で繁殖させなければいいと私は解釈しています。生き物を知財の対象としてもかなり無理がありますよね。それよりこういう新品種がどんどん増えたら、生態系にどのような影響が及ぶのか、そちらの方が心配です。
Commented by stochinai at 2005-04-22 21:13
>商業的な規模で繁殖させなければいいと
 同意見の方がいらっしゃって、安心しました(^^)。

 遺伝子組み換え作物だったら、むやみと移動したりすることを禁止するカルタヘナ条約がありますが、交配や育種によって作られたものは規制されていないようです。
 でも、人為的に作られた品種が生態系へ影響を及ぼすことは十分ありうることで、野生化したペットや家畜は、その例になっていますね。これも人が自然を破壊する公害の一種と言えるのかもしれません。
by stochinai | 2005-04-21 16:33 | 趣味 | Comments(2)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai