5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

うららかな日曜日

 昨日のエントリー休載の理由は、我々の年代の友人の「結婚披露宴」でした。いくら晩婚化が進んでいると言っても、50代の人間の結婚式というのはそうそう多いものではないでしょう。正式な親族などが集まる「結婚式」は来月に行うことになっていますので、昨日は友人達が集まって行う壮大な「飲み会」でした。

 出席者のほとんどは、もう子どもが結婚をするくらいの年齢ですし、実際に孫がいる人もいたと思います。もちろん、今風に独身の男女もたくさんいました。こういう掟破りのパーティに出てみると時代が、晩婚・少子・多様化へと確実に変わっていることを実感できます。

 会費は12000円とちょっと高めでしたが、義理やおつきあいではなく、豪華なホテルに会場を借りて、遊びあるいは洒落の感覚でやった飲み会ですので、参加者一同大いに楽しんだと思います。ホテルで行われるこういう会は、普通2時間弱のものが多いのですが、昨日は3時間目いっぱい、食べ・飲み・騒ぎまくりました。

 ホテル側は、この会を飲み放題で開放したことを後悔していると思います。予め用意されていたワインはすべて飲み干され、途中でワイン・セラーから補充されたワインは銘柄も違うものになっていました。そもそも、我々幹事はホテル側に無理を言って、会が始まる1時間前くらいから無料で飲み始めておりました。

 また、ホテルが「新郎新婦」に提供したはずのスイートルームで、人数も定かではないくらいの多数の人間がコンビニで酒や食料の補充を繰り返しながら、午前2時過ぎまで大騒ぎしていたのを許してくれたのは、さすがに超豪華ホテルだけのことはあります。幸いなことに札幌で日本ハムの試合がない日だったので、このホテルのスイートルームに住んでいるという新庄がいなかったことも、騒ぎを許してくれた一因かもしれません。

 いずれにせよ、10時間くらいの長丁場の宴会明けの今日でしたが、たっぷりと睡眠がとれたせいか、なんとか普通の体調で目覚めることができました。

 目覚めてみると、この春一番の暖かい庭仕事日和ともいうべき天気でしたので、ゆるゆるとではありますが、雪のなくなった庭に簡易垣根を巡らせたり、枯れ葉を集めたり、堆肥の切り返しをしたりと、久々に土とのたわむれを堪能することができました。

 土の中にはまだまだ虫は多くありませんが、空中にはカが集合して飛び回る蚊柱も出現していました。ここからは、動物も植物も大忙しの北海道です。

 私の自転車も、冬の雪道用のフル・サスペンジョン・タイプから、スプリングなしの舗装道路用のものに換えるべく整備しました。これで、明日からは、自転車も夏仕様で走ることになります。デコボコ道を走るときにはフル・サスペンジョンは楽なのですが、車体自体が重たいですし、平坦な道を走る時にはかなりエネルギーが無駄になっている気がします。自転車が変わると、驚くほど軽く感じるものです。

 いよいよ明日から、身も心も夏モードに切り替わります。
Commented by 花見月 at 2005-04-25 10:02 x
楽しいお話をありがとうございます。
私も、土曜日は中学の時の友人と
10年ぶりに再会し、楽しい夜を過ごしました。
変わらないね、変わらないねといいながら、我々も30代半ば。
一人はフリーライター、一人は声優、一人は製薬会社の営業と、
全く毛色の違う人生を歩いています。

日曜日はゴッホ展を見に行きました。
夕方行ったのですが、60分以上待ちの長蛇の列で、
観覧は断念。子供たちと北の丸公園で写生をして
帰りました。
Commented by ぢゅにあ at 2005-04-26 02:23 x
もう夏モードですか、リフレッシュされたようでいいですね。

ワインが足りない、で思い出したのですが
私の結婚式では料理(バイキング形式)が一つ残らず完食されました。
某有名ホテルのケータリングだっったのですが、こんなことは初めてだ!と、コック長が大感激!
喜んでいいものかどうか。いいんでしょうねきっと。
Commented by stochinai at 2005-04-26 17:58
 札幌の季節は、冬と初夏しかありませんので、もう夏です。
 このままぼやぼやしていると、あっという間に晩秋になって、雪が降り出しますから、もう夏なのです。

 いまどきの若者は飲みも食いも上品ですから、中年の宴会がすごいものに見えるんですよね。飲んで食って大騒ぎ。若者は逃げていきます。
by stochinai | 2005-04-24 23:55 | つぶやき | Comments(3)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai