5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

栃木や茨城の水道水は前から汚染されていた

 今日は東京の水源地の水および水道水に放射性ヨードによる汚染が認められたということで大騒ぎになっています。

 しかし、自分でデータを見ることが習慣になっている人々は、栃木県宇都宮市や茨城県ひたちなか市の水道水は18日や20日の時点で汚染されていたことを知っています。(グラフ:字が読みにくかったら画面をクリックしてください。)
c0025115_16592383.jpg
 ここで、福島県(宮城県も)のデータが出ていないことは気持ち悪いですが、福島県に関しては相当な高濃度が予想されます。

 もちろん、水が汚染されるのは大気中に放射性物質が浮遊していることが原因であり、関東地方においては21日から大気中から降下する汚染物質の量が高止まりしていますので、これは予測された事象と言えます。(グラフはこちらと同じソースから)
c0025115_1744040.jpg
 それにしても、さすがに東京の水に汚染が発覚すると反響は爆発的なものです。

 爆発というと3号炉がまた爆発したというニュースが飛び交っています。残念ながらライブカメラは落ちていて確認のしようがありません。

 改めてアメリカと日本の原発周辺退避ゾーンを見比べてみると、ゾッとする気分に襲われます。
c0025115_16591959.jpg
 (The New York Times Asia Pacific, March 17

 宇都宮市やひたちなか市は米軍の退避ゾーンよりもはるかに外にあります。ゾーンの内側にあるいわき市、福島市、郡山市、白石市、角田市のデータはどうなっているのでしょう。気になるところです。
Commented by さなえ at 2011-03-23 18:21 x
娘が免疫抑制剤を使用中であり、乳幼児をよく預かるので、九州に里帰り中のお嫁さんに水のペットボトルをとりあえず2ケース頼んだら、不安に駆られたのか6ケース送ったとのこと。なんと送料約1万円!高いものにつきました。雨で特に値が上がったのだし、そのうち原発も大人しくなるだろうと楽観視することに。水は汲み置いて半減期過ぎてから使用することにします。いつまでこの騒動と余震は続くのでしょうね。
by stochinai | 2011-03-23 17:45 | 医療・健康 | Comments(1)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai