5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

内田樹さんのお言葉

 トラックバックするのも恐れ多い内田樹の研究室ブログ様に、忘れてはいけない文章があったので、忘れないうちに切り抜いておきます。

2005年05月15日
会議と対談と「濃い」乗客
からです。大学のことをおっしゃられております。

【その1】
会議に出ると、世の中には三種類の人間がいるということがよくわかる。
「会議を早く終わらせるために発言する人間」と「会議を長引かせるために発言する人間」と「会議を早く終わらせるために何も発言しない人間」である。

【その2】
文科省に毎年1億円ずつ補助金を削られ、年間研究費が15万円しか給付されない地方国立大学(じゃなくて独立行政法人だな)の教員の「生殺し」の苦しみを知らぬのですか(学会に一回出るとその旅費だけで年間研究費が使い切ってしまうんだから)。
聞いてびっくり。
なんとK島大では理系の教員でさえ年間研究費が10万円そこそこという方がおられるのだそうである。

【その3】
このような暴力的な再編プロセスをたどりつつある日本の大学はこのあとも知的センターとしての社会的機能を維持できるのであろうか。
私には何だか不可能なことのように思われる。


 その1に出てくるような不毛な会議を続けるだけで、何一つ力のある対案を出すことができず、その2に見られるような状況に追い込まれた国立大学法人(内田さんは、審議の過程で独立行政法人ではなく国立大学法人という別の法律でしばられる組織になったことを失念しておられるようです。といっても、中身はほとんど同じだから、無視しても構わないといえば、かまわないのでしょうが、、、)が、その3に書かれているように、この先にたとえ「形」が残ったとしても、大学本来の使命である知的センターとしての機能を失い、崩壊するであろうという予言をいただきました。

 たぶん、そうなると私も思います。
Commented by blue at 2005-05-17 22:06 x
大学で今年の予算案を書いてました。段々厳しくなり、要綱が毎年変わるので今なのですが、傾斜配分です。まあ、そこそこ業績はあるので、研究費の配分は良い方でしたが、なにか書いている時、ありがたいなあと思いました。予算がなくて非常勤講師がただになった母校を見るにつけ、大学も本当に氷河期です。これでは日本の科学立国は遠い遠い昭和の夢に終わりそうです。
by stochinai | 2005-05-17 16:54 | つぶやき | Comments(1)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai