5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ビックリの夕焼け

 何がどうなるとこういう夕焼けになるのでしょう。今日もまた大して書くネタがないなあと思いながら、窓の外を見やって腰が抜けそうに驚きました。
c0025115_19442118.jpg
 映画のスクリーンかと見まごうばかりのおどろおどろしい風景が窓の外に広がっていたのです。

 慌ててカメラを取り出しましたが、何をどう撮ったらよいのか動揺しまくりです。それでも何枚か、そこそこのショットが撮れていました。
c0025115_19441916.jpg
 ポプラ並木が写っているのでいつものショットだということはおわかりいただけると思うのですが、こんな夕焼けはほとんど記憶にありません。

 何十年に一度のものではないでしょうか。
c0025115_19441767.jpg
 昔の人なら、「何かが起こる前触れに違いない」と騒ぎ出すのでしょうが、私はこうして全国の皆さまにお知らせすることで平静さを保っております。

 こういう空を見ると、天気予報ではなくて「今日の空解説」みたいな番組が欲しくなってきます。

 それにしてもスゴイ(というか、もうすっかり暗くなってこれらの景色は跡形もなくなっているので、「スゴかった」です)。
Commented by さなえ at 2012-07-02 21:27 x
ちょっと怖いですね。1人きりでその空の下を歩いていくのは勇気が要りそう。
Commented by at 2012-07-03 01:39 x
昔、仙台にいた頃はよくありました、こういう夕焼け。
つくばではもっと美しい夕焼けが毎日見れました。
今いる京都では、おどろおどろしい夕焼けも、美しい夕焼けもあまり見られません。
緯度や地形、形成されやすい雲の形とかが影響しているんじゃないでしょうか。
by stochinai | 2012-07-02 19:54 | 札幌・北海道 | Comments(2)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai