5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タンザニアで新種ザル発見

 いまだにサルの新種が発見されるとは驚きです。1984年以来で21年ぶりの発見だそうです。

 今日発行されたアメリカの雑誌サイエンスに載っていました。

 Science, Vol 308, Issue 5725, 1161-1164 , 20 May 2005

 The Highland Mangabey Lophocebus kipunji: A New Species of African Monkey

 サルはオナガザルの仲間のマンガベーというものだそうで、新種としての標本は写真で登録されているようです。この写真は誰でもがアクセスできるかどうかわかりませんが、写真がHolotypeとなるというのは初めて知りました。顔の絵もおもしろいです。

 二つの研究グループがほぼ同時に発見したそうで、両者が合同で論文を書いたということです。変な競争にならずにすんだ、いい話ですね。

 サルには尾のあるmonkeyと尾のないapeがいるそうですが、オナガザルというくらいですからmangabeyは、もちろんmonkeyです。
by stochinai | 2005-05-20 11:39 | 生物学 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai