5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

エゾサンショウウオとニホンザリガニ

 事務からメールがまわってきました。

 一般の方から電話があって、市内中央区盤渓にある沢が工事のため埋立てされるらしいのですが、そこに多数のエゾサンショウウオの卵があるので、(埋め立てて殺されてしまうくらいなら)研究に役立てていただければ、と連絡があったそうです。

 市民の方も、どこに連絡をしたらよいのかわからなかったのだと思います。

 ご存じの通り、ニホンザリガニは環境省によって絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されている保護対象動物です。東北と北海道にしか分布しない日本在来のザリガニです。北海道にはアメリカザリガニがいないので、生き残っているところも多いようですが、最近になって外来種であるウチダザリガニが生息域を広げてニホンザリガニを追いつめているというケースもあるようです。

 それでなくても住める環境がどんどんなくなってきています。高文連の大会などに行くと、あちこちの高校の生物部が調査や保護をしていることがわかりますが、保護しなければ絶滅は近いように思われます。札幌の近郊でニホンザリガニがいるなどとういところはとても貴重ですので、これは市や道に連絡すべきことのようにも思われます。

 エゾサンショウウオは、北海道にしかいない固有種です。かつては北海道ならばどこにでもたくさんいたものですが、こちらも確実に数は減少しています。特に、石狩平野での減少が激しいようで北海道レッドデータブック(北海道の希少野生生物)によると、石狩平野のエゾサンショウウオ個体群が地域個体群に指定されていますので、こちらも市や道に連絡しておいたほうが良いのかもしれません。

 盤渓というと桜の花見で有名な円山公園から歩いてもいける近傍なのですが、逆にそれだけに住宅地として狙われているのでしょうね。

 残念なことですが、環境を保護できないのであれば、一時的に動物を移動させてもなかなか保護とはつながらないのが現実です。

追記(6月6日):最初のメールをいただいた事務の方のお話によると、埋め立ては取りやめになったとのことです。地主の方が、保存した方が良いというアドバイスを、受け入れてくださったのかも知れないとのことです。いずれにせよ、エゾサンショウウオとニホンザリガニが選んだ場所は正解だったことになります。よかった(^^)V。
Commented by さなえ at 2005-05-31 18:43 x
こんにちは
日本ザリガニの場合だけではなく、エゾサンショウウオの方も希少なようですので環境省がなんとかするのではないでしょうか。
人間に住みやすいように綺麗に整備しても生物が絶滅するようでは困りますよね。うまくバランスを取ることは出来ないものでしょうか。
Commented by stochinai at 2005-05-31 21:05
 環境省にはどうやったら、連絡がつきますか。ここ(http://www.env.go.jp/moe-mail.html)にメールでもするといいんでしょうか。
 人が住むようになると整地だけではなく、下水道工事もやるのだと思いますが、小川と水たまりがなくなるとニホンザリガニとエゾサンショウウオは完全にお手上げです。
 下水工事をしないで済むような「特区」を作らないとダメかもしれません。
 住む人の心地よさと、動物たちの心地よさの折り合いをつけるためには、小さな頃から自然環境に浸る教育がなされないとダメだと思うんですけど、田舎からも子供が減っているでしょうから、なかなか難しいですね。
Commented by さなえ at 2005-05-31 21:19 x
レンジャーをしている友人に連絡が取れなかったので、ネットの電話帳で調べてみました。多分、ここでいいのではないでしょうか。環境省北海道地区環境対策調査官事務所 電話011-223-0315 北海道札幌市中央区北1条西10丁目1-4F
こういうのもありました。環境省自然環境局西北海道地区自然保護事務所 (代) 011-272-1631 北海道札幌市中央区大通西10丁目
Commented by stochinai at 2005-05-31 22:03
 わざわざ調べていただき、ありがとうございました。そう言えば、北大と札幌駅の間にも、「環境サポートセンター」という建物もありました。私も連絡してみますが、あちこちから連絡がいくと効果的かもしれませんね。こんな噂があるけれども、まさか環境省は黙って見過ごすことはないですよね、って。
Commented by at 2005-06-14 19:39 x
僕は今小学6年生で「絶滅危惧種」について調べているのですが、いつ頃から減り始めたのか いつから絶滅危惧種になったのか これからの保護はどうなのかもうちょっとくわしく教えてくれたらと思います
Commented by stochinai at 2005-06-14 22:19
 小学生で「絶滅危惧種」なんて言葉を知っているとは、すごいですね。こういう情報はネットにはたくさんありますので、いろいろ調べてみてください。絶滅危惧種とか危急種とかいう言葉は、環境省(もとの環境庁)が決めているはずなので、まずは環境省のこのページあたりから勉強してみましょうか。
http://www.env.go.jp/nature/index.html
(それにしても、あまり親切なページじゃないですね。環境省もサイエンスコミュニケーターを必要としているようです。)
by stochinai | 2005-05-31 15:36 | 生物学 | Comments(6)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai