5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

一卵性双生児間の臓器移植

 臓器移植の成功を支配する「組織適合抗原」と呼ばれるタンパク質はその数が複数あり、しかも遺伝子の種類がたくさんあります。ABO血液型も組織適合抗原のひとつですが、遺伝子は1つでその種類も3つしかありませんので、ABO血液型はヒトによってA(AA、AO)、B(BB、BO)、AB(AB)、O(OO)の4種類の型しかありません。カッコ内は持っている遺伝子の型で、同じA型の血液を持つヒトでも遺伝子の組み合わせは2種類あるのです。

 しかし、ヒトの臓器移植に関連するHLAと呼ばれる主要な組織適合抗原遺伝子は、大きく分けてHLA-A、B、C、DR、DQ、DPの6種類があり、それぞれにたくさんの種類の遺伝子があります。仮にそれぞれの遺伝子に10種類の型があるとしたらどうでしょう。HLAの場合は、ABO血液型と違って遺伝子の型が違うと移植の適合性が違ってきますので、1人のヒトは10種類の遺伝子を持てる可能性があります。

 遺伝子は親から子へ受け渡されますので、実際にはランダムということはないのですが、もしもヒトがランダムにHLA遺伝子を持っているとすると、その組み合わせは10の10乗通り(つまり100億)の種類があることになります。

 すべてのHLAが一致することはほとんど期待できないということがわかると思いますが、多少の違いがあっても今は免疫抑制剤というものがありますので、10万人に1人くらい移植可能な組み合わせの相手がいると言われています。

 そのくらい移植可能な相手を見つけることは難しいのですが、唯一の例外が一卵性双生児のケースです。一卵性双生児は、お互いが持っているすべての遺伝子が同じですから、HLAも100%一致しており基本的には免疫抑制剤なしにあらゆる臓器の移植が成功するはずです。理論的にはそうであっても、一卵性双生児間の移植手術が、それほどたくさん行われているとも聞きません。今回は、一卵性双生児間の移植というだけではなく、移植された卵巣で赤ちゃんができたというニュースです。

 朝日では「米国で不妊治療として一卵性双生児の姉妹間で卵巣移植を受けた25歳の女性が自然に妊娠、今月健康な女児を出産したことが分かった」と報道されています。CNN/APによると、「卵巣移植の手術を受けたアラバマ州在住の女性(25)が6日夜、女児を無事出産した。卵巣移植後の出産は米国では初めて」、しかも「女性は2004年4月、一卵性双生児の姉から卵巣組織の一部の移植手術を受け、術後5カ月で妊娠した 」そうです。

 朝日によると「卵巣移植による出産例では、自分の卵巣をがん治療前に凍結保存していたベルギーの女性が、治療後に移植し、昨年9月に女児を出産したケースが報告されている」とのことで、こちらのケースは自分の臓器を自分に移植していますが、今度の一卵性双生児間の移植も生物学的に見ると自分の臓器を自分に移植するのと変わらないことになります。

 こういう成功の話を聞くといつも考えてしまうのがクローン人間です。クローン人間は一卵性双生児と同じ存在ですので、免疫抑制剤なしにあらゆる臓器の移植が可能になります。深い欲望を持つ人間が、自分の命を救うためなら臓器提供用のクローン人間を作ろうという気持ちになってもそれほど不思議ではありませんが、多くの人は反対だと思います。

 しかし、クローン人間ではなくクローン臓器ならいいかもしれないということで、今世界ではES細胞から移植医療に使える臓器を作る研究が盛んに行われています。自分の細胞核を持ったES細胞からできた臓器がクローン臓器です。まあ、臓器ならヒトを殺してその臓器を自分に移植するわけではないからいいのでは、と思われるかも知れませんがES細胞をつくるためには、最初にクローン人間に育つ可能性のあるクローン胚を作る必要があるのです。

 胚がクローン人間になる前に壊してしまえば、クローン人間を殺したことにはならないという論理がありますが、胚はいつから、人間になるのか考えてみましょう。とても、難しい質問だと思います。この件については、患者・医者・科学者だけではなく、人類全体の問題として全員がかかわって議論を深める必要があると思います。
Commented by inoue0 at 2005-06-10 22:47
細かいツッコミ。HLA遺伝子は6個です。DP,DQ,DR,A,B,Cです。
他の抗原もあるので、HLAを全部タイピングしても、同胞移植の方が成功率が高いんだそうです。
Commented by stochinai at 2005-06-10 23:00
 ありがとうございます。CとDRの間の点が抜けてしまい、日頃なじみのあるCDRをそのまま受け入れてしまったようです。面目ありません。

 HLAというと思い出すのが、昔のNHK特集(今はスペシャル)でHLAの話を取り上げた時に、東京のOLさんと同じHLAの型を持っていたのがロシアの兵士だったという、いかにもNHKらしいストーリーがあったのを記憶しています。だから、なんだったというところの記憶がありません。

 日本での絶対的ドナー不足は、そういうこととは全く違った次元の話ですが。
Commented by ko-bar-ber at 2005-06-10 23:07
TBありがとうございます。
私はクローン技術は人間が手を触れてはいけない領域のような気がしてなりません。
クローン人間を禁止しながらも、外国ではES細胞を使用した研究が進んでいます。倫理的な課題を残したまま、人間が暴走しているようにも思えます。
もっと倫理的な議論を深めていかなければならないと思います。
Commented by stochinai at 2005-06-11 14:54
 ko-bar-berさん、TB&コメントありがとうございます。
 「=社説は語る=」では、いつも勉強させていただいております。それに比べると私の守備範囲は極狭ですが、ときおり議論のお相手をしていただけると幸いです。
 これからも、よろしくお願いします。
Commented by inoue0 at 2005-06-11 17:26
 ドナー不足の理由は報酬がないことです。生体移植は輸血以外は危険が伴いますし、脳死移植は脳死判定の不安が一般人にはあります。
 それらのリスクを代償するだけのメリットが臓器提供にはないのです。
 骨髄ドナーに登録しましたけど、パンフレットには、ドナーに報酬がないことはもちろん、「病院への交通費も自費」と書いてあって、呆れてしまいました。数日拘束されるだけの検察審査会や裁判員だって、少ないながら報酬が出るのです。まして、医療事故の危険のあるドナーに報酬を出さない制度は絶対におかしい。
Commented by stochinai at 2005-06-11 18:04
 それも一理あると思います。私も死体であろうが生体であろうが、ドナーに正当な謝礼を払うのは何の問題もないと思っています。
 献血でさえそう思います。血が欲しかったら買ってもいいと思います。昔あった売血という制度で問題が起こったことは事実かも知れませんが、それは買う側がきちんと対応できなかったというだけのことで、献血ならば絶対安全という根拠はどこにもありません。現に、献血だって私のように拒否される人がいるんですから売血だって、買わなければすむだけの話だと思います。
Commented by kagege at 2005-06-12 19:36 x
TBどうもです。
僕は、どの時点から人間かというより、これからよりよく人類が発展していくためにはどうすればよいのか、ということが大切じゃないかと思っています。堕胎が許されているのも、そういう視点からなのではないでしょうか?
by stochinai | 2005-06-10 21:39 | 生物学 | Comments(7)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai