5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

山頂に追いやられる雪と教員の講義管理システム

 相変わらず寒いものの(今日の最低気温7.4℃、最高気温14.2℃)、今日は久しぶりに太陽がしっかりと照ってくれました。

 これは正午頃の手稲山の様子です。
c0025115_20322342.jpg
 麓から、緑-赤-白と変化して雪がどんどんと山頂に追いやられている様子が良くわかります。

 会議と講義の間にちょっと時間が見つけられた午後4時頃には、さらに雪が減っているのがはっきりと確認できました。
c0025115_20351917.jpg
 この後、疲労困憊しながら全学の講義を担当。オムニバスで1回だけなので、なんとかやり抜きました。

 学生の出席管理が講義時間が始まる15分前から開始30分後までしか受け付けられないカードシステムの入力機です。

 最近は教員も授業開始時と終了時にここにカードをかざすことを要求されています。
c0025115_20404699.jpg
 授業時間が始まってからカードをかざしたので、開始は無事に入力できたのですが、終了の入力でちょっと手間取りました。

 講義の最後のところで学生にミニテストをやらせながら講義時間終了のちょっと前にカードをかざしたところ、「まだ講義時間中です」ということで入力を拒否されました。

 まあ、あまりにも早いのはダメかもと思いながら、どのくらいダメなのかと何度か試してみたところ、なんと画面の時間が1秒でも講義終了時間の前には受け付けてくれないようです。

 これはひどい!

 5分や10分早めに授業を終わることがこのシステムでは想定および許可されていないのです。

 そんなことなら、入力拒否運動でもやってみようかな、と思わされたうれしくない経験でした。
Commented by 重田光雄 at 2013-05-25 09:17 x
発注時の「仕様」なのでしょうね、それと発注者は教員に対したとえ1秒でも時間前に授業を勝手に終えてはいけないということで、システムを受注した会社には責任が無いように思われます。 (笑)
Commented by stochinai at 2013-05-25 17:11
学生は授業が始まってからも30分間はカードを受け付けてもらえるようになっています。教員は30分前は言うにおよばず、1秒たりとも短い授業は許さないって仕様は、今の時代らしい学尊教卑ですね(爆)。
by stochinai | 2013-05-24 20:47 | 札幌・北海道 | Comments(2)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai