5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

3月3日お雛祭りじゃないですか

 というような驚きを感じるということは、もはやお雛祭りとは関係のない生活をしている証拠です。

 私にとっては3月3日が、2月3日と同じ曜日だということの方が感慨深かったりします。この一ヶ月(4週間)北海道を含めた日本の気象は冬と春の激しい変化に翻弄されました。

 定点で観測していると、そうした変化が敏感に検出できるものです。こちらは1ヶ月前の2月3日のイチョウ並木です。
3月3日お雛祭りじゃないですか_c0025115_19582100.jpg
 雪はそれほど多くはないものの、寒さの厳しい感じがおわかりいただけるかもしれません。

 そして、こちが今日、3月3日のイチョウ並木です。
3月3日お雛祭りじゃないですか_c0025115_18472723.jpg
 先週(5日前)も同じ場所の写真をお見せしていたのですが、その時は融雪の真っ盛りという感じで、路面もビショビショでした。今日は路面が乾燥しているのですが、見る人が見ると濡れた路面よりも今日の寒さを感じられるかもしれません。おそらく先週はプラスの気温だったと思いますが、今日は真冬日が戻ってきています。

 道路脇の雪がふえているのと、路面の雪がなくなっていることで、この間にかなりの積雪があったことと、その雪を完璧に除雪してくれた北大の一般入試があったことが思い浮かべば、あなたはかなりの大学通です。

 3月になって、ようやく今期が終わるとほっとする間もなく、毎日のように新学期の時間割の確認メールが飛び込んできます。この季節には恒例になった、「新しい高校生物の教科書(ブルーバックス版)」の増刷が今年もありました。
3月3日お雛祭りじゃないですか_c0025115_1856621.jpg
 17刷です。

 さすがにこのくらいになってくると、そろそろ改訂版を出さなければまずいのではないかという気になっては来るのですが、一人でできるものでもなくいろいろと悩み始めているところです。

 どうしましょうね?
by stochinai | 2014-03-03 19:02 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai