5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

雪解け進むかに思えたものの

 今朝の我が家の前。
雪解け進むかに思えたものの_c0025115_22493871.jpg
 路面の融雪はどんどん進み、順調に春へと進みつつあるのが感じられます。

 路面にも水たまりができはじめ、この時期になると毎年の楽しみでもある、水たまりの水を流す水路作りをやりました。
雪解け進むかに思えたものの_c0025115_22512891.jpg
 ちょっとわかりにくいのですが、ガレージの屋根から下を見下ろしています。

 道路へ雪をかきだすと(実はこれは道路交通法違反なのですが、交通の妨げにならない程度ということでご容赦願っています)、たちまち溶けて水になりますが、道路から下水へ水を導く排水口がまだ氷の下にあると、道路はたちまち水浸しになります。この道路もつい先程まで大きな水たまりがあったのですが、画面左端の氷の中に細い水路を作ったところ、あっという間に水は地下へと吸い込まれた後の様子です。

 こうしておけば、ここにはもう水たまりはできないと思います。

 というわけで、この後順調に雪解けと排水が進むかと思われたのですが、午後になってから雲が厚くなってくるとともに雪が降り出しました。
雪解け進むかに思えたものの_c0025115_225729100.jpg
 むき出しになった路面に落ちた雪は「落ちては溶けるなごり雪」の様相なのですが、不思議なことに雪の上に降った雪はどんどんとその厚みを増していき、結局夕方ころまでに、雪の上には5センチ位の積雪が加算されてしまいました。

 むき出しの路面には雪はほとんど残らなかったのですが、積雪深を記録している各地のポイントには雪が残っているところがほとんどですので、今日もまた融雪は足踏みということになっていると思います。

 東区のデータはありませんが、札幌市中央区の札幌管区気象台の観測ポイントでは、未明の85センチから現在は88センチと増えています。明日も、それほど暖かくはなく(といっても、今どきとしては普通の)最高気温がプラス2℃の予報が出ている上に「雪」の予報ですので、公式データ上では積雪深は増えることがあっても大きく減ることはないと思います。

 しかし、来週からの10日間天気予報を見てみると、とてつもない高温期(?)が来るようです。
雪解け進むかに思えたものの_c0025115_236566.jpg
 この調子だとやはり平年並みに溶けるんでしょうね。
by stochinai | 2014-03-15 23:10 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai