5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

超遅咲きのアサガオ

 今年は例年と違って、種が混合されたアサガオを撒いたので、どんな花が咲くか楽しみだったのですが、赤い花がチョボチョボと咲いただけで終わってしまった感じで、来年はこの種は使わないぞと心に決めていたところなのですが、なんと霜が降りそうに寒くなってきた本日10月1日に、今年最初の欧米品種と思われる大きな青い花がいきなり咲いてびっくりしました。

超遅咲きのアサガオ_c0025115_18142231.jpg

 それも一輪ではなく、いきなり5つほど咲きました。

超遅咲きのアサガオ_c0025115_18163862.jpg

 確かにノウゼンカズラのツルを覆い尽くしてしまったこの丸い葉のツルにたくさんの花の蕾がついているのは気がついていたのですが、だんだんと寒くなるこれからだと咲くのは厳しいかなと思っていた矢先ですから、2重3重の驚きです。よく見ると、明日咲きそうなつぼみもいくつか準備態勢にはいっています。

 欧米品種のもう一つの特徴として、アサガオのくせに朝が遅く夕方まで咲き続けるという特徴があります。

超遅咲きのアサガオ_c0025115_18233347.jpg

 左の花はほぼ前回になっていますが、右のものはまだ寝ぼけ眼で目覚めていない感じです。

 いろいろと文句を言いましたが、やはり秋空に青いオオバナの青いアサガオはとてもよく似合います。

超遅咲きのアサガオ_c0025115_18251491.jpg

 青だけかというと、ふと下を見下ろすと、先日咲いていたものより一回り大きなコルチカムがピンク満開で咲き誇っていました。

超遅咲きのアサガオ_c0025115_18292553.jpg

 今朝は札幌の公式の最低気温は7.8℃でしたから、このへんは6-7℃にまで下がったと思います。4℃以下にならないと霜は降りないと言われていますので、草花が枯れ始めるまでにはまだ1ヶ月はあるでしょう。

 それまでは、頑張る花たちと寒い朝を楽しみたいと思います。
by stochinai | 2014-10-01 18:32 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai