5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ご長寿パンダ永眠

 ロイターによると、中国の動物園で飼育パンダとしては世界最高齢のパンダが死亡したそうです。

 美美(メイメイ)というメスのパンダで、36歳。人間でいうと(どうして、動物の年をすぐに人間に置き換えたがるのでしょう?)100歳を越えていたことになると書いてありました。ほんとかな。

 さてメイメイの生まれた36年前というと、1969年でしょうか。日本各地では大学が嵐のただ中にあり、東大の入試が中止になった年でした。私はその年、北大に入学。北大では1年遅れで入学式の日から、大学の封鎖が始まりました。

 夏には、アメリカ(NASA)の月着陸宇宙船アポロ11号の着陸船「イ-グル」が、月面「静かの海」への着陸に成功しています。「一人の人間にとって、これは小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ」が、アームストロングの第一声。宇宙服を着てピョンピョンと跳びはねる飛行士の画像は、大学生協で見たような記憶があります。

 年末には3億円事件が起こっています。激動の年でした。 

 さてこのところ、日本ではレッサーパンダ騒動でちょっぴり影の薄くなっていたほんもののジャイアントパンダですが、やはりかわいらしさには迫力があります。

 パンダは日本を見ていてくれたわけでは内でしょうが、この36年は日本にとって忘れられない歴史の転換点になったことがいずれ歴史書に書かれることでしょう。

 いろんなことを思い出させてくれた、メイメイと彼女を育ててくれた飼育人の方々に合掌したいと思います。
by stochinai | 2005-07-13 22:43 | つぶやき | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai