5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ブログと科学技術コミュニケーション

 秋から始まる科学技術コミュニケーター養成ユニットの講義計画構想ができつつあります。

 もちろん、これから決まる特任スタッフが中心となって多くのカリキュラムが構成されることになるのですが、それ以外にも様々な現場で活躍中の方をお呼びして非常勤講師となっていただく多くの方々の他に、私を含む我々北大に散在するスタッフもそのお手伝いをすることになっています。

 特任のスタッフや非常勤の講師の方々の詳細はまだ発表できる段階ではありませんが、非常に期待のもてる陣容になること間違いなく、正直にいうと「教育」側で参加することになっている我々のほうですら、何かを教えてもらえるのではないかとひそかに楽しみにしているくらいです。

 そんな中で、専門以外に科学技術コミュニケーター養成のために私ができることなどあるのかと思っておりましたが、カリキュラム編成スタッフの方から「ブログ・コミュニケーション」というテーマで何かやってみろという指示がありました。

 ブログなどという、まだまだ定義すらもはっきりしていないメディアによるコミュニケーションですらも積極的に取り込んでいこうというのが、このユニットによるプロジェクトの特徴であり、「何か新しいこと something new」が立ち上がっていきつつある現場の空気のようなものを感じさせてくれるところでもあり、そんなのできるのかと思いながらもなんだか楽しい気持ちになりました。

 さて、いわゆる「サイエンス・コミュニケーション」に対する大きな勘違いの一つが、それを単なる広報活動だと思っていることです。科学が正しく人々に伝わっていないから、科学技術に対して市民の正しい理解が得られず、時には過剰なる信頼があるかと思えば、異常とも思える反科学的運動が起こってしまうので、そうしたことを防ぐために科学する側(科学者)あるいは科学させる側(行政)から市民に対してわかりやすく科学技術を伝えることがサイエンス・コミュニケーションなのだという理解は、おそらく50点以下しかもらえない解答です。

 我々が考えるサイエンス・コミュニケーションとはあくまでも双方向性を持ったものです。科学者が自分の伝えたいことを一方的にわかりやすく伝えるだけではなく、科学者に対しても市民が科学について知りたいと思っていることが伝えられるということが非常に大切です。科学者が知らせるべきだと思うこと以外に、市民が知りたいと思っていることを知らせる。場合によっては、市民が知りたいと思っていることがまだ研究されていないこともあるかもしれません。その場合には、新しい研究テーマが生まれることになります。

 ともすると科学者は自分の興味のおもむくままにテーマを選び研究しがちですが、そのテーマを設定する時に多くの市民が知りたいと思っていることを情報として与えられることが研究テーマの決定に大きな参考になることは間違いありません。科学者とて人間である以上、多くの市民が知りたいと思うことを自分の研究で明らかにできることに大きな満足感と誇りを得られるものだと思います。予め市民とのコミュニケーションをとることができるならば、そうした情報を考慮しながら自発的に研究テーマを決めることができることができるというメリットがあります。こうしたシステムができあがると、研究の自由と市民の権利を研究が開始される前に予め調整する場にもなり得ます。

 こうした科学者と市民の情報流通を促進する道具の一つとしてブログの持つ潜在能力は、想像以上に大きなものになるかもしれないと、日々ブログしていて思います。

 科学技術コミュニケーションとブログという「講義」(私としては受講生とワークショップ形式でともに学んでいきたいと思っています)では、そんなことを考えながらどのように実践していけるかということを考えてみたいと思っています。まだ中身について何も考えてはいませんが、ちょっと楽しい夏休みの宿題かもしれません。
 
Commented by kaikai at 2005-07-18 03:18 x
>サイエンス・コミュニケーションとはあくまでも双方向性を持ったもの
という考えに共感しました。科学に限らず他のことでも必要な考え方だと思います。これからどのように展開されるのか楽しみにしております。
Commented by 花見月 at 2005-07-18 06:20 x
ブログはテキストが書ければ、始められるので、
インターネットを使った発信を思いっきり身近にしてくれました。
ブログを使い、ネットメディアの利点を考えつつ、
ネットメディア独特の毒の部分を、転ばぬ先の杖で、
先達から教えていただければと思います。
ネットメディアで失敗して、恐怖のあまり
夜逃げをした知人がいます。
両刃の剣ですね。
Commented by 北の家族 at 2005-07-18 10:08 x
先ず、日本の大学は、教員や学生のためにブログのためのツールを大学のコンピューターに設置することを検討すべきでしょう。民間業者のツールを借りるのではなく、ac.jpドメインのブログを開始してもいいのではないでしょうか。
 それと、日本のブログ文化の中で一般的になってしまった匿名性ですが、これを変えていく必要があるのではないでしょうか?ブログの発祥地米国では、ブログの多くは実名で行われています。
Commented by 北の家族 at 2005-07-18 10:29 x
米国のインターネットを使ったコニュニケーションで注目されているものにWikiがあります。日本でもWikipediaが充実してきましたが、こういう形で多くの科学者が用語解説や問題のコンセンサスをとっていきながら、市民に科学を説明していくというのは便利であると思います。
Commented by stochinai at 2005-07-18 21:48
 北の家族さん、貴重なアドバイスをたくさんありがとうございました。

 もちろん私はこの提案に大賛成なのですが、実は最初の提言の実現が、いちばん難しいことかもしれません。数は少ないと思いますが、すでにac.jpのアドレスを持ったブログもすでにあることにはあります。しかし、教員や学生が広く利用できるブログを大学当局が「公式」に提供してもらおうとすると大きな壁が立ちはだかってくるような気がします。
 今の日本の大学には難しいことが多いので、当面は無理に正面かが動かすことばかりではなく様々な手段を使って、にいろんなことこを柔軟実現していこうと思っています。
Commented by stochinai at 2005-07-18 21:49
 匿名性のことについて

 この件については、一本縄でいくことは難しいというのが現時点での感触です。もちろん、匿名を使わずにやれればそれに越したことはないと思うのですが、それを全面に出すあまりに、今できることをもっとも効果的に行うことができなくなることを恐れています。日本という国の「民度」の特殊性もあると思いますが、匿名制ではなくニックネーム制(きちんと調べれば個人を特定できるのだけれども、とりあえず社会で通用している名前と違うものを使うことも認める)というのが良いのではないかというのが、現時点での私が降りた着地点です。
Commented by stochinai at 2005-07-18 21:49
 Wikiについて

 私はまだ自分でwikiを利用して何かを作るという作業を経験したことはありませんが、協働しながら知的生産をする時には力を発揮してくれると思い、期待はしております。現時点では、何をどのように作っていくかという具体的イメージはありませんが、機会があったら是非とも使ってみたいと思っています。

 これからもいろいろと教えてください。
Commented by 北の家族 at 2005-07-19 10:24 x
Wikipediaについてですが、最近は、Google等のメジャーな検索エンジンを使って、専門用語など検索すると、かなり上位(1ページ目とか)にでてくることが多くなりました。専門用語なども、新聞記者などはWikipediaを参考にしているようで、新聞などにもWikipediaから拾ってきたのではないかと思われるような記述もでてきます。調べものをして、わからないことがあると、リンクされた単語をクリックすることでどんどんディープなことに到達できる。おそらくこういうのを充実させることが、科学コミュニケーションでは大切になってくるのではないでしょうか。
Commented by stochinai at 2005-07-19 21:02
 kaikaiさん、遅ればせながら。
 「双方向性」についてはおっしゃるとおり、「科学に限らず他のことでも必要な考え方」だと思います。逆に言うと、科学技術コミュニケーションといっても、普通のコミュニケーションと変わらないものであるという認識も大切だと思っています。どうやって科学を普通の人が生活している土俵に載せるかということなのかもしれません。
 これからもよろしくお願いします。
Commented by stochinai at 2005-07-19 21:09
 花見月さん。
 ブログに限らず、昔からネットではいったん話がこじれ出すと収拾がつかなくなる「炎上」がしばしば起こります。誰でも簡単に始めることができるとはいっても、そこは広~いネットの世界ですから足を踏み出すためにはそれなりのリスク管理が必要になります。
 しかし、よく考えてみると「炎上」もコミュニケーションが失敗したひとつの形ですので、いかに良いコミュニケーションを行うかという原則は同じなのだと思います。
 ただ、ネットには独特の性質がありますので、それといかに付き合っていくかというところなのだと思います。私も試行錯誤中ですが、少しずつ見え始めてきたところなどをテーマに一緒に考えてみたいと思っています。
Commented by stochinai at 2005-07-19 21:13
 北の家族さん。Wikipediaについての補足説明をありがとうございます。
 考えようによっては、科学者と科学者、科学者と市民、市民と市民が語り合う場なのかもしれないと思えてきました。入れ物はかなり充実してきていますので、あとは使い方(ソフト、リテラシー)を発展させていくことが課題だと思えてきました。
Commented by 北の家族 at 2005-07-24 10:27 x
H大のホームページに、「本学は,平成17年7月20日(水)朝日新聞社及び北海道テレビ放送並びに北海道新聞社と双方が合意する教育・研究プロジェクトの共同推進で基本合意しました。」というのがでていました。先日のクラーク像抗議の記事も、これと関係があるのでしょうか?
研究の共同推進が趣旨なら問題はないとしても、文科省や財務省などに影響力がある新聞に、変な宣伝記事が載るようにならないかと危惧します。
Commented by 北の家族 at 2005-07-24 10:32 x
特に、科学コミュニケーションとも絡んでくるのですが、日本の科学報道の問題として、新聞報道が予算獲得につながったりするために、科学的な価値とは別の意図での報道が多く、「科学報道のあり方」を歪めているのではないか、と私は思います。H大の生命科学関係の報道も歪んだものがあると思います。
Commented by stochinai at 2005-07-26 13:16
 北の家族さん、いろいろとありがとうございます。
 マスコミとの共同プロジェクトは良い面だけではなく危険性も十分に考えておく必要がありそうですね。クラーク像問題との関連とはわかりませんが、今の大学当局だとマスコミは単に利用する相手だという程度の認識だと思います。
 大学や研究者が予算獲得や業績誇示のために報道を利用しているというのはまさにその通りだと思います。その結果、確かにすれすれにまで歪んだ「危うい」成果がしばしば記事になります。
 発信する方がA級戦犯であることは間違いないのですが、それをもとめる政府側というのがあるのもまた事実でして、それは国民が知りたがっているからだという負のラセンへと迷い込んでいるのが現実でしょうか。
 監視をお願いします。
by stochinai | 2005-07-17 23:56 | 大学・高等教育 | Comments(14)