5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ネオパラ山のイヌ

 今朝はマイナスの気温になりましたがゆきも降らず、札幌気象台の庭にはまだ雪が残っているようで、形式的に札幌には積雪があることになっていますが、少なくとも道路には雪は残っていません。

 こちらはイチョウ並木。

ネオパラ山のイヌ_c0025115_17455522.jpg

 銀杏がわずかに残っていますがイチョウの葉はほぼ皆無になりました、一方で雪もありません。雪がない方が寒さを強く感じます。

 講義を終えて研究室に戻ると、山にはかなり雪があるようで、今年の春に龍が出たネオパラ山の、おそらく同じ場所に今度はイヌのような雪模様が見えます(見えるような気がしました)。

ネオパラ山のイヌ_c0025115_1749176.jpg

 肉眼で見た時には右側に巻いた尾があって、胴長で短足、左側に大きな頭のあるコーギーのように見えなくもなかったのですが、写真で見てみるとちょっと無理がある連想だったと反省しています。

 どちらかというと、ジョアン・ミロが描く犬のイメージのほうが近いかもしれません。

ネオパラ山のイヌ_c0025115_17514495.jpg

 左右を反転して、眼を頭の外に飛び出させると、なんとなくイメージが似てこないですか?

 ダメか(笑)。
by STOCHINAI | 2014-11-17 17:53 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai