5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

氷点下が続く日中も活躍する防災消防ヘリ

 積雪はないものの、本日は夜明けとともに冷え込みが始まり、日付が変わった時点の8.5℃を最高気温として、グングン下がり8時の気温が-0.2℃になってからずっとマイナスのままで日が暮れました。現在大学のある北区をはじめ、札幌の殆どは-2℃から定山渓の-5℃までと冷凍庫状態が続いています。

 もちろん太陽も出ず、風が強く、おそらく何キロも先から飛んでくると思われる雪が時折ちらちらと待っている札幌です。寒いことは寒いのですが、積雪もないこんな時には、雨に降られるよりは濡れないで住む雪のほうがありがたいというのが正直なところです。

 こういう冬なら寒いほうがいい、という感じです。幸いなことに札幌は本格的な雪にならず、現在も路面は乾燥しています。

 防災消防ヘリにとっては、この強風が苦手だと思われますが、なんのその一日中飛び回っていました。

 今日、活躍を目撃したのはこれ、「さっぽろ2号」と呼ばれる札幌市消防航空隊の防災消防ヘリコプターJA6636 ベル 412機だと思います。

氷点下が続く日中も活躍する防災消防ヘリ_c0025115_1933044.jpg

 市立病院屋上のヘリポートに着陸してまもなく、病院の中からストレッチャーを押して関係者が到着。すぐにヘリ要員と一緒に患者さんを病院内に運び込みます。

氷点下が続く日中も活躍する防災消防ヘリ_c0025115_1941910.jpg

 その後、あっという間にまた北東の空に飛び去っていきました。

氷点下が続く日中も活躍する防災消防ヘリ_c0025115_1993879.jpg

 救急ヘリは「月光仮面」みたいにかっこいいですね。


月光仮面は誰でしょう
「月光仮面」

昭和33年2月24日
川内康範 作詞
小川寛興 作曲
近藤よし子、キング小鳩会 唄

どこの誰かは知らないけれど
誰もがみんな知っている
月光仮面のおじさんは
正義の味方よ良い人よ
疾風のように現れて
疾風のように去ってゆく
月光仮面は誰でしょう
月光仮面は誰でしょう

by STOCHINAI | 2014-12-02 19:11 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai