5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

朝の富士山は吉だったのか凶だったのか

 今朝カーテンを開けると好天の東京のホテルの部屋から雪をかぶった富士山が見えました。

朝の富士山は吉だったのか凶だったのか_c0025115_21374653.jpg

 雪をかぶった富士山を見たのは初めてというわけではなかったのですが、この唐突感はなにかしら感動させられるものです。

 チェックアウトをしたホテルのロビーで撮ったクリスマスツリーは意図せず芸術的なピンぼけ写真になっていました。

朝の富士山は吉だったのか凶だったのか_c0025115_21405929.jpg

 と天気の良い東京でなんとなくのんきな気分になりながら羽田に着いてみると、新千歳空港行きの航空機の運行状況がかなり不穏な状況になっていました。

 羽田発・新千歳行きのほとんどの便が出発・到着遅延なっているだけではなく、時間とともに欠航が決定されたり、新千歳から羽田に戻って来て欠航になったりしているのです。こちらでの天候からは想像がつきませんが、どうやら北海道ではかなりの雪になっているようなのです。

 こちらがJALの運行状況です。

朝の富士山は吉だったのか凶だったのか_c0025115_21454955.jpg


 そして、こちらがANAの運行状況の一部です。

朝の富士山は吉だったのか凶だったのか_c0025115_21455542.jpg

 ANAのほうが運行状況は良いのかと思うと、千歳まで飛んで羽田に引き返した便はJALが1便に対してANAは2便あったようで、どちらが良いということはなくすべては天候に左右されていたということだと思います。

 明日は朝1講目から講義があるのですが、一時はこの状態では今日中に札幌に帰り着くことをあきらめなければならないかもしれないという覚悟もしたのですが、幸い午後になってから少し光明が見えてきて、予約していたJALの便は約3時間遅れで無事に千歳空港に着陸できました。なんとか明日の講義に穴をあけずにすみそうです。

 私達が飛んだ空路はそれまでの混乱した発着状態を考えると驚くほど平穏でしたが、新千歳に着いてみると雪の量はそれほどでもないと感じましたが、短時間に集中的に振るとさすがに新鋭機でも降りられないということだと思いました。

 こちらが凍える新千歳空港です。

朝の富士山は吉だったのか凶だったのか_c0025115_21503776.jpg

 飛行機を降りてみると、高速道路を通る札幌へのシャトルバスがすべて運行を休止しているなど、ニュースだけでは知ることのできない混乱もあったようです。

 春のような陽気の東京から、いきなり凍える札幌へ戻ってきて、明日から調子をくずさないように気をつけなければ、と思っております。

 日本は広いですね。






by STOCHINAI | 2014-12-07 21:57 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai