5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

雪を利用して夏に冷房する

 今年、もっとも雪の深かった頃に、このブログに雪を夏まで保存して利用しましょうというエントリーを書きました。

 昔の炭坑町である美唄市の市役所でそのアイディアを実用化した雪冷房(毎日新聞)が登場、というニュースがありました。

 今日は、昨日までと打って変わって、札幌も久々の30℃を越えるのではないかというギラギラの夏です。つい、半年前まであんなにたくさんあった雪が今あったら、と思うのは私だけではないと思います。

 図がないのでしくみのイメージがつかみにくいのですが、記事によると「コンテナ内の深さ約30センチのプールに2トンの雪塊を入れ、冷えた水を冷房機に回す」ということなので、かなりシンプルな構造のようです。

 「冷房機2台で30畳用エアコン並みの能力」ということですが、1週間に約2トンの雪を補充するだけでいいそうです。そのコストも思ったより高くない気がしました。試算によると雪1トンあたり700円程度で配達可能とのことです。

 雪が解けた水も利用可能なことを考えると、自然のサイクルを利用したこのシステムの実用化に期待が持たれます。
by stochinai | 2005-07-30 14:48 | つぶやき | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai