5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

戦争法案が衆議院で強行突破された日の朝、オオウバユリの花びらがすべて散った

 今の日本の政治制度からいって、理論的に可能なことが行われたということで、その現実を我々としては受け入れるしかないと思います。

 それはそれとして・・・。

 芽を出してから7年位たったということでしょうか。今月11日に開き始めたオオウバユリの花ですが、今朝すべての花びらが落ちてしまいました。

c0025115_19424185.jpg

 一日花というほどではありませんが、たった6輪しかなかった最初の花が開き、そして最後の花が開いておちるまで、わずか5日でした。まさに「花の命は短くて」でした。

 7年我慢して5日で咲いた花が散ってしまうというのは、考えようによってはすさまじい生涯とも言えますが、それを見届けた私には、なんだか清々しい生き方のようにも思えました。

 この株はやがて枯れ、来年からは回りにできているはずの子株から芽が出るということですが、アスファルトに覆われているのでどうなることでしょうか。また春がドキドキです。

 太陽は出ていましたが、冷たい風の強い一日で最高気温もギリギリで20℃を越えて20.6℃でした。

 こちらは午前中に頂上を隠した手稲山です。

c0025115_19465452.jpg

 Angel大学での非常勤を終えて戻ってきた山は冷え冷えとしていましたが、雲はグッとさがって低い峰にかかって美しかったです。

c0025115_19474820.jpg

 そして、こちらが最後に見たおしゃれにかかった雲でした。

c0025115_19482913.jpg

 明日は暑さも戻りそうです。

 憲法を守らない政権与党が生まれてしまった以上、この戦争法に関しては実際に法律が適用された時点で違憲立法審査訴訟を起こすしかないのかもしれません。

 これほど論理も倫理も欠けた総理を諌めることのできる与党議員がいないというおどろくべき反知性が支配する状況は、自民党が長年かけてやってきた「戦後教育の集大成」なのかもしれません。

 そんな中、SEALDsの若者たちがおしゃれに戦っていることには一筋の希望が感じられます。
by STOCHINAI | 2015-07-16 20:07 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai