5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

雨上がりの朝

 雨は夜中降り続いたようです。明け方にはかなり激しく降ったようで、雨音で目を覚ましましたが、起きる頃にはほぼ止んでいました。

 夏休み自由研究のようになっている「オオウバユリの観察」ですが、今朝はすべての花がらから柱頭がなくなっていることが確認できました。

雨上がりの朝_c0025115_213737100.jpg

 あとは、実の充実を待つばかりです。

 雨の上がった庭は雨に洗われてきれいになった植物が、雨粒の宝石に飾られてなにもかもが美しいものです。とりわけ花よりも葉が引き立ちます。

 こちらは花が終わったヤマボウシ。

雨上がりの朝_c0025115_2148505.jpg

 花があるうちは、どうしても花に目が行ってしまいますが、私はこの葉がかなり気に入っています。

 こちらは完熟を迎えたレッドカランツ。

雨上がりの朝_c0025115_21501055.jpg

 葉といえば、外に出しっぱなしのオジギソウもこちらの夏に順応してきました。

雨上がりの朝_c0025115_21513055.jpg

 八重のヒマワリ(種の袋には「ゴッホのひまわり」と書いてありました)も、次々と花を開き始めています。

雨上がりの朝_c0025115_2153430.jpg

 シャクナゲの葉について大きな水滴には、向こうにあるシャクナゲの輪状の葉序が映り込んでいます。

雨上がりの朝_c0025115_21561344.jpg

 なかなかお目にかかれないナツツバキの花も今朝はたくさん見られました。

雨上がりの朝_c0025115_21565813.jpg

 午後は連日続く「庭を明るくする月間」の作業が続きます。

 一段落してふと目に入ったのが、先月の剪定で切り落としたオオデマリの枝の水挿しにした枝から驚くほどたくさん吹き出している根でした。

雨上がりの朝_c0025115_21585677.jpg

 水挿しの茎から根が出るようすは、何度見てもうれしくなる光景で、生き物の強さを感じる瞬間です。
by STOCHINAI | 2015-07-19 22:02 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai