5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

11月朔日小春日和

 どんよりした一日の昨日を思うと、朝カーテンを開けたとたんにまぶしい光が飛び込んできた今日はまさに「夜が明けた」気分の朝になりました。

 光の中で逆光写真集を撮りたくなりました。

 まずはコケです。名前はわかりません。

11月朔日小春日和_c0025115_21174504.jpg

 なんとなく今年からコケを育て始めています。年齢のせいでしょうか(笑)。

 こちらは盛りを過ぎてしおれた花が多くなってきたクリスマス・カクタス。やはり赤は逆光がきれいです。

11月朔日小春日和_c0025115_21175082.jpg

 クワズイモ

11月朔日小春日和_c0025115_21175349.jpg

 そしてモンステラ。どちらも透過光が生えます。

11月朔日小春日和_c0025115_21175622.jpg

 川の流れを思わせられます。

 このところの気温差が紅葉や黄葉を美しくしてくれているようです。

 こちらはちぢれてきていて、いい色になる前に散ってしまうかと思われたハウチワカエデ。すんでのところで、なかなかいい色を出し始めています。

11月朔日小春日和_c0025115_21180042.jpg

 そして絶好調のドウダンツツジ。

11月朔日小春日和_c0025115_21180328.jpg

 のんびりと植物を眺めて過ごしたかったのですが、ドウダンの向こうにもちょっと見えますが、見上げるとフジが大問題。枝もツルも葉も混みすぎです。

 というわけで、意を決して大剪定にとりかかりました。

 ・・・・

 ほぼ3時間後、フジの枝がすいて、空が見えるようになりました。

11月朔日小春日和_c0025115_21180851.jpg

 これでまた来年もキレイな花を期待できるでしょう。

 植物の世話の楽しいところは、常に未来を思いながらできることです。

 こんな小春日和の穏やかな日は、山口百恵を思い出します(笑)。






by STOCHINAI | 2015-11-01 21:26 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai