5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

校長がぶち切れる時代

 大阪の小学校長が林間学校で、5年生の男子児童の暴言に(勘違いしたと書いてありますが、ほんとうに勘違いがどうかは怪しい気がします)切れて、この児童の足首を持って逆さづりにしたことが明るみにでたようです。

 記事によると、なんとこの校長は、林間学校で児童と言い争いになったということで、その騒ぎの中である児童が泣き出したので、近くにいた男子児童が「校長のアホが泣かしよった」と言ったようです。校長はそれを聞いて、その子に足払いをかけ押し倒し顔を床に押しつけたと書いてあります。その後で逆さづりにしたのでしょうか。

 「校長のアホが泣かしよった」というのは、ほんとうに言ったとは書いていないのですが、校長がそのように聞いたと思ったと書いてあります。しかし、ほんとうに言ったとしても、児童に乱暴して逆さづりとは恐れ入りました。

 50代も後半の校長がぶち切れる時代になったんですね。児童と校長が言い争いをするというのも笑える話ですが、本気で喧嘩するって何なんでしょう。

 でも、よく考えてみると60代の総理大臣も参議院で郵政法案が否決されてぶち切れて衆議院を解散してしまいましたので、校長先生の言動は驚くに値しないのかもしれません。

 不機嫌な国になってしまったんですかね。
Commented by blue at 2005-08-18 15:00 x
昼休みにネットサーフィンしますが、このニュース見てノケゾリマシタ。こんな校長が居るんですね。私は民間人校長採用は反対論者ですが、これではダメだ。
Commented by mikami at 2005-08-19 06:04 x
20年前に小学校を卒業しましたが、当時、たぶん20代後半~30代だった男の先生たちに、しばしば理由も無く(「勘違い」?)殴られたり蹴られたりすることがあり、いま思うと、毎日おびえながら暮らしていました。このニュースを読んで、20年経って、彼らがそのまま管理職になってしまったのだなぁと思いました。
Commented by stochinai at 2005-08-19 11:41
 問題は採用する側にもあるのだと思います。校長としての適性を、校長試験などというものさしで計ったりしていないでしょうか。
 大学でも研究業績だけで人事を動かしていると、教育はやりたくない、さらには教育ができない教員が大量に採用されていたりします。
 一番素敵な普通の先生が校長先生になって欲しいと思いますが、そういう先生の多くは校長先生にはなりたがっていないようにも思えます。
 教育委員会の下働きで先生たちをいじめる地位になんてつきたくないという人にこそ、校長先生になって欲しいです。
Commented by sumire at 2005-09-04 00:51 x
ビックリするニュースが多くて嫌になってしまいますね…
私にも小学生の子供がいますから、なんだかこのテの話を聞くと不安です。
実際、いい先生もたくさんいるんですけど自分の子供を預けるようになると、教師と接点ができる分、保育士や教師が一番信用できない…とまで思ってしまった自分がいました。同じ人間ですから 子供に対して感情をむき出しにしてしまうこともあって当然だと思いますが 相手が子供だからこそもっと大人な対応をお願いしたいものです。こういう人って大人相手には同じことできない、言えない人なんじゃないかな、とか思っちゃたりするんですよねぇ~・・・
Commented by stochinai at 2005-09-05 13:32
 良く「子供が人質」という話が出てきますけれども、怪しい先生ほどその危険性を感じると思います。
 とりあえず父母がもっともっと教育現場に関わりを持つということが大切なのかもしれません。学校のことに口を出さないでください、などという先生はとりあえず怪しいかもしれません。
 ただし、口を出す以上いろいろと学校行事にも積極的に参加することも求められているということを忘れないようにしたいと思います。口は出すけどお金も労力も出さないでは、話は前進しないと思います。
by stochinai | 2005-08-18 13:29 | つぶやき | Comments(5)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai