5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

真冬日は続く

 どんどんと真冬日が深くなってきているようです。

 今日は昼から外で仕事があって出勤。寒いですが、自転車で走っている時にちょっと明るくなった瞬間があったので撮影しておきました。

真冬日は続く_c0025115_21442983.jpg

 伏古公園の小山の風景です。

 同じ場所で、今走ってきた道を振り返ったところがこちら。

真冬日は続く_c0025115_21443226.jpg

 毎日、こんなきれいなところを走っていることに改めて感動してしまいました。

 もうちょっと走ったところでちょっと横道に入り、いつもは見ない光景を発見。

真冬日は続く_c0025115_21443575.jpg

 雪に埋もれた車です。この光景には2つの意味があって、ひとつは「今年はやっぱり雪が少ない」というもの。例年ならばこのくらいの車なら完全に見えなくなるくらいまで雪が覆い尽くしているはずです。

 それともうひとつは、この車の持ち主はもう車を春までは放置すると決めたのだろうなあ、という感慨です。事情はいろいろあるのでしょうが、掘り出して走ろうという意欲が全く感じられません。

 実はこの車の直ぐ側にもう一台、同じように放置されているものがありました。

真冬日は続く_c0025115_21443843.jpg

 同じ持ち主のものなのか、そうではないのかはわかりませんが、どちらも雪道などには負けない車のはずですが所有者が走ることを放棄した気持ちがひしひしと伝わってくる悲しい光景でした。

 そんなところを通り越して、私は若い人たちの未来に付き合うべく今日の仕事場に向かったのでした。






by STOCHINAI | 2016-02-06 21:52 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai