5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

外も春めいて

 今日はクレロデンドルムが咲いていました。この花は夏の花らしいのですが、暖かくさえしてやれば一年中咲いている印象があります。

外も春めいて_c0025115_21390405.jpg

 秋、室内に取り込む時にかなり強く剪定したのがようやく回復してきたということでしょうか。これもまた季節感のない花なのですが、やはり新しい花をみるとなんとなく春を感じるものです。

 玄関フードの中は真冬にはマイナス5℃や10℃になっているのだと思いますが、そこで冬を越したアイビーゼラニウムは新しい葉を出し始めています。

外も春めいて_c0025115_21413021.jpg

 セリも枯れることはありませんでしたが、からだを小さくして冬を乗り越えたようです。

外も春めいて_c0025115_21422240.jpg

 こんなに健気に頑張っていると、うかつに食べようとは思えなくなってきます。

 そして、同じ場所にいながら完全に葉を落として休眠していたレンギョウの鉢植えも芽が割れて中から緑の葉が顔を出してきました。

外も春めいて_c0025115_21441857.jpg

 屋外のモクレンも暖かい毛皮のコートを着て冬を越していますが、最近ちょっと様子が変わってきています。

外も春めいて_c0025115_21462063.jpg

 花芽がふくらんで割れてきたものがあります。

 ところが割れて毛皮を脱ぎ捨てたと思ったら、中にもう一枚毛皮のコートを着ているのでした。

外も春めいて_c0025115_21462466.jpg

 まだまだ寒い日がやってきますから、この2枚重ねの毛皮のコートをまず一枚脱いで早春に備えるというのはなかなか良くできたやり方だと思います。

 明日はかなり気温が上がって雨になりそうだという予報です。

 まだまだ寒さと暖かさを行ったり来たりしていますので、植物たちも様子をうかがいながら春に備えているというところでしょうか。






by STOCHINAI | 2016-03-05 21:50 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai