5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

セリは「競り合って生える」からって知ってました?

 天気はまずまずだったのですが、風が強く気温が低い一日となりました。マイナスの時間帯も夜明けの2時間ほどだけということでこの時期としては普通に春めく一日ということだったのかもしれませんが、ついつい昨日までとくらべてしまい「寒っ」と思ってしまいます。

 それでも植物たちは春を目指して絶好調みたいです。

 「くらしのこよみ」によると、今日から啓蟄の「第九候 なむし ちょうと なる」ということですが、さすがに北海道では蝶が飛び始めるのはあと2ヶ月後くらいでしょう。

 それでも、旬の野菜のセリは我が家の玄関フード内で元気に芽を増やしています。

c0025115_19332100.jpg

 「くらしのこよみ」によるとセリは「競り合って生える」ことからつけられた名前だということですが、まったく知りませんでした。でも、そういわれるとこの小さな鉢の中で押し合いへし合い、たくさんの芽が競り合っています。

 その横では、昨年鉢にあげがレンギョウの芽が拡がり始めています。

c0025115_19352174.jpg

 開き始めた芽の中をよく見ると小さな構造物が密集しています。ひょっとするとこれは花芽で中に見えるのは雄しべ雌しべなのかもしれません。この先がちょっと楽しみになってきました。

 そして、こちらはようやく長く苦しい冬を乗り越えて復活しつつあるアイビーゼラニウムです。

c0025115_19370721.jpg

 死ななかっただけでもすごいとほめてやりたいほどですが、元気に緑の葉が出てくると素直に感動します。

 昼間の手稲連峰。寒いので窓ガラスの内側から撮りました(手抜き)。

c0025115_19382162.jpg

 なんとなく春めいて見えるのは気のせいだけではなさそうです。

 そして、夕方。ちょっと不思議な山の夕焼けです。

c0025115_19382480.jpg

 チーム森田の”天気で斬る”からの情報によると、今日から気象庁が推計気象分布というサービスを始めました。チーム森田ブログによると、
気象庁はきょう15日、全国の天気や気温の分布を面的に把握できる「推計気象分布」を公開しました。
これは、簡潔に説明すると、様々なデータを組み合わせる事で、
最新の天気や気温の分布を1時間ごとに「約1km四方」の細かさで確認できるものです。
あまりピンと来ない方も多いとは思いますが、個人的には「1km四方!すごい!」という感想です。
 アメダスよりも直感的に「今の天気」がわかるので、とても便利だと思います。こちらは午後6時の北海道南西部の状況です。

c0025115_19394192.jpg


 これは、今後私の定番ウォッチ対象になりそうです。






by STOCHINAI | 2016-03-15 19:45 | 季節 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai