5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

連帯責任はもうやめませんか

 北海道は昨日からなんとなくシュンとしてしまっています。

 駒大苫小牧の優勝を審議へ(共同通信)のニュースのせいです。

 大人(先生?)である部長が高校生の野球部員に暴行していたことが発覚したというものですが、毎年のように高校野球と不祥事・辞退騒動が繰り返されるのはどうしてでしょう。

 ひとつは理想(清く正しく美しい高校野球)とかけ離れている現実(酒・タバコ・非行)に目をつぶり、現実が明るみに出ると必要以上に理想との違いを責め立てるからだと思います。

 もうひとつは、行き過ぎた連帯責任があります。悪いことをやった場合には、その個人を罰すれば済むはずなのに、チーム全体に責任を取らせるという不条理な慣例はそろそろやめるべきだと思います。

 野球部として全体で起こした不祥事ならば、全員で責任を取るということもあり得るかもしれませんが、暴行や酒・タバコなどといったことであるならば、必ず無罪の人間がいるはずです。連帯責任という形で全員が、大会出場を辞退したり、ましてや優勝が取り消されるなどということは人権侵害の疑いもあるでしょう。

 今回は特に直前に暴力事件が明るみに出て、県大会優勝にもかかわらず甲子園出場を辞退した明徳義塾高の例があるので、日本高野連がそれとの「バランス」ということを考えているのだったら、これを機会に体質(思想)を変えることをおすすめしたいと思います。

 暴力を振るった部長には、法的および学校としての責任の取らせ方がありますし、殴られた登録外の野球部員にも問題があったとしたら学校が教育的措置を講じれば良いことです。

 高野連さま、新聞社さま、放送局さま、みなさま。明徳義塾の時にも書いてみようかと思ったのですが、甲子園ではあり得ない世界が実現されているような大嘘を演じ続けるのはもうやめてください。
Commented by real at 2005-08-23 16:07 x
語ってるねえ。
もう、自分の考えが絶対的に正しいって思い込んでない?
思い上がりもはなはだしいねえ。
Commented by blue at 2005-08-23 16:28 x
確かにおっしゃる通りです。が、高校野球は品行方正な高校球児のための大会という建前(理想とも言うのでしょうか)がありますね。一部には高校生の不良防止一大キャンペーンだという批判もあります。この建前を崩せば、今の高校野球のパラダイムは壊れます。甲子園でのみあり得ない人間教育の成果(良き高校生スポーツマンとその良き指導者)が期待されているのかもしれません。これをやめれば、高校生による都市対抗アマチュア野球大会ですね。成長過程の高校生にはそれだけで良いのかどうか。明徳義塾はこの問題を提起しない形で辞退したわけですが、駒大苫小牧は意図せずでしょが、問題提起をしてしまった。
Commented by realmax at 2005-08-24 01:35 x
じゃあreal殿のご意見は? 見下し加減はなはだしいねえ(笑)。

――というわけで、ワタクシも連帯責任はアカンよなあって思います。これって結局校内暴力事件ですから、刑事裁判でも起こせば済む話であって、別に高野連が出てくる必要ってないですよね…なんとも珍妙でさびしい事件です。
Commented by celaeno at 2005-08-31 09:49 x
今更感が強い投稿ですが。

明徳義塾の例なんかでは、いじめも取りざたされているわけで、個人間の問題だから他人は無関係のはずだ、といった思想すらも、それを助長する要素です。
助けること、止めることが出来なかった他の部員は、なんら責任追及されそうに無い世間の風潮に、歪みが見え隠れする気がしません?
他の学校だって多かれ少なかれそうでしょうが、だからといって、明徳義塾が許されてよいはずだというのは、こと教育の現場においては軽軽しく語られるべき内容ではないはず。
高野連がおかしいのではなくて、教育現場では(例え建前でも)、そうあるべきでしょう。

ただまぁ、苫小牧に関しては・・・どうなんでしょうね。
優勝は取り下げられないわけですが、問題が秘匿されたことに対する措置、なんでしょうかね?
ちょっと、部員は可哀想な気もしますが。
学校や取り巻く環境の体質そのものが問題視されるべきなのに、連帯責任とかに論点をずらすのは違う気がしますね。
Commented by stochinai at 2005-08-31 13:58
 celaenoさん、コメントありがとうございました。今さらってことはないと思います、というか逆にいちおう一段落した今こそこのことをきちんと議論して、今後どうするかを冷静に話し合うチャンスだと思います。
 学校や高校野球(学校スポーツ)を「取り巻く環境の体質そのものが問題視されるべき」というご意見は、まったくその通りだと思います。
 今きちんとしておかないと、これからもまた毎年毎年大会のたびに同じことが繰り返されそうな気がします。やっている方も見ている方もつらいですよね。

 しっかりしてください!>高野連および関係者の皆さま方
by stochinai | 2005-08-23 15:10 | つぶやき | Comments(5)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai