5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ユーカリが意外に簡単に発芽

 「山火事にあわないと発芽しない」などという噂をきいておりましたので、ユーカリの種をいただいてもなかなかチャレンジする勇気がわいてこなかったのですが、さすがにこのくらいの時期での室内ならばオーストラリアの砂漠に負けない温度条件にななっているだろうということで、5月31日に種をまいてみたのですが、5日後の今日になって微妙な発芽が確認されました。

ユーカリが意外に簡単に発芽_c0025115_21420538.jpg

 種だと思われる大きめの黒い粒から赤い芽(あるいは根)と思われるものがいっせいに伸び出しています。今朝、最初に発見した時には思わず目を疑って何度も見直したのですが、たくさんの種が同じような赤いものを伸ばしているのを見るとこれは発芽(発根)とみて間違いないと思います。

 画像を思いっきり拡大してみたところ、赤いものの先に放射状に広がった構造が見えるので、これは根なのかもしれません。

ユーカリが意外に簡単に発芽_c0025115_21464367.jpg

 最初の関門は突破したというものの、これが「苗木」にまでなるにはまだまだ遠い道のりだと思われますので、あまり期待せずに見守りたいと思います。

 気温はまだ低めですが天候が回復したので、今日もまた我が家から車で10分以内にある「さとらんど」に行ってきました。

 天気が良いのでウシたちもまったりと日向ぼっこです。

ユーカリが意外に簡単に発芽_c0025115_21505922.jpg

 我が家でも成長しつつあるカツラの木がここにもありました。実はカツラという木を知ってみると、意外とあちこちにあることが最近になってわかった木です。

ユーカリが意外に簡単に発芽_c0025115_21521480.jpg

 そして巨大な木になることが有名な「生きた化石」と言われるメタセコイアの小さな木(笑)もここにあります。

ユーカリが意外に簡単に発芽_c0025115_21534247.jpg

 さて、我が家のユーカリはこの後どうなりますか、期待せずに続報をお待ち下さい。








by STOCHINAI | 2016-06-05 21:55 | 生物学 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai