5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

税金で夢を買う

 共同通信によると、宇宙航空研究開発機構が行ったアンケートの結果、納税者が宇宙開発に払ってもよいと考える金額は年間約8000円となったということです。

 政府が「勝手に」税金の使い方を決めることができる今の制度の中で、国民がそれぞれの事業にどのくらい自分たちの税金を投入しても良いと考えるのかというアンケートは異色でおもしろいと思いました。

 選挙の前後で、内閣の支持率とか、政党の支持率とか、同じテーマで何度も何度もアンケートが続けられるこの国の(マスコミの?)知的レベルというものがいったいどうなっているのか疑う気分になっていたところですので、この楽しいアンケートは少し和みました。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)というのは、私もまんざら関係のないわけではない組織なのですが、すぐに役に立つ研究や開発をしているわけではないので、予算削減のターゲットになりやすく、いろいろ知恵をしぼった結果、このようなアンケートを考え出したのかもしれません。

 日本の宇宙開発はまだまだよちよち歩きなので、すぐに結果を出せという今の風潮の中では厳しい状況にあるのは良くわかりますが、逆にこんな時代だからこそ子供達を中心に未来への夢を抱かせるという意味では最大のホープなのではないかと、私は思っています。

 JAXAで話をさせていただいた時も強調したのですが、とかく宇宙開発は工学関係の無機質なハードウェアとソフトウェアばかりの世界と見られがちですが、そこに生物が加わるととたんに多くの人に身近な存在になるように思います。

 初期の頃に、宇宙にカエルやメダカを飛ばした日本のプロジェクトは多くの小学生に宇宙と教室の水槽のつながりを実感させたと思います。

 そうした夢が買えるならば、納税者が1年に約8000円払うという気になっても不思議はないのかもしれません。これに納税者数をかけると、総額が3000億円となり、本年度の宇宙開発関係予算2600億円を越えたそうです。

 この件に関しては、JAXAのアイディア勝ちかもしれません。とりあえず、ポイントを差し上げておきましょう。
Commented by ヤマグ at 2005-09-22 05:16 x
たしかに、JAXAのアイディア勝ちですね。でも、一人8000円とはみんな結構払う気があるんですね。それにびっくりです。きっと、公務員の給料になるぐらいなら、なんて思っているのかもしれませんが。
自分が学生だった頃に、アメリカ人の留学生に、みんなが1500円だせば、火星に行く映画が見られるんだよ。と言われたのを思い出しますした。JAXAも重要なのは、やっぱり科学技術ショーでしょ。と思ったりもします。
CoSTEPがんばってください。
Commented by 花見月 at 2005-09-22 10:01 x
現在使われている宇宙開発予算の大方は人件費ではないでしょうか。
つまり、宇宙開発に投じられる予算の多くも公務員の給料に使われるのだと思います。(税金から給与が支払われるという意味では)
でも、公務員に給与を払うのって、もったいないですか?
私達の日常が、安全に快適に、正確に保つために、誰が夜も昼もなく働いているのでしょう。
多くの地味でまじめな公務員が、時に自分の生命や家族の幸せを
犠牲にしても公務を果たしているからではないでしょうか。
私は、公務員である自分の父や多くの父の同僚を税金泥棒だとは思っていません。
Commented by stochinai at 2005-09-22 11:22
 我々のまわりを見渡すと、研究費などをくれるのが政府や官庁だと思っている人がほとんどです。でも、税金から出ているそういうお金をくれるのは国民のみなさんなんですよね。だから、政府や官庁に対してというよりは、直接国民に話しかけるというチャンネルがあるならそれを活用すべきなのだと思います。今度の小泉さんの大勝利の大きな原因が、いままで派閥や政党へ向けられていた交渉ごとを直接国民へ向けていると人々に思いこませたことだということを考えると、新しい時代の科学コミュニケーションの重要性がますます大きくなると思います。

 小泉さんは公務員の人件費を国民の敵にすることで非公務員である大多数の国民の支持を得たようですが、花見月さんのおっしゃるように優秀な人材を雇用するための人件費は、どんな建物や機械を買うより安上がりであるということを国民の皆さんに理解してもらうことが大切だと思います。これに関しても、政治家の誘導に負けずに直接国民に訴える必要があると思います。
Commented by c at 2005-09-22 14:52 x
そんなに自信があるのなら
JAXA も民営化なさったらどうですか?

この統計が本当ならば,
3000億円を自力で集められるんですよね?

100億の人工衛星の打ち上げに失敗して
平気な顔して誰も責任をとらないような
馬鹿な経営が成り立つんですかね?
Commented by stochinai at 2005-09-22 15:12
 確かにISAS,NAL,NASDAが統合してできたJAXAという組織が、衛星の打ち上げに何度も失敗して、大きな損失を生んでいるのは事実ですね。税金をどぶに捨てたと言われやすいケースだと思います。
 しかし一方、今回の選挙で使われたお金が760億円以上だと聞きました。ロケットをたくさん打ち上げられましたね。お金だけの問題ではないと思います。
 cさんのご意見が、お役所としてのJAXAには、他のところと同じような改革は必要なのだという意見には私も賛成です。
 小泉改革と一緒に日本の子供達や若者達の夢までも消してしまうという愚だけはなんとか避けていただきたいものです。
Commented by c at 2005-09-22 15:19 x
> しかし一方、今回の選挙で使われたお金が760億円以上だと聞きました。

これは論理のすりかえですね.
あっちはもっと無駄使いしているから
俺たちにも無駄使いさせろという理屈ですか?

だから何度も言うように,
損失以上の成果を挙げていると主張するならば
民営化すればいいのです.

そうすれば誰も文句はいいませんよ
Commented by nochi at 2005-09-22 16:15 x
こんにちは。初めてここに来ました。
Cさんのコメントについて、ひとつだけ感想を。

>損失以上の成果を挙げていると主張するならば民営化すればいい

これは「税金に頼らず会社を作れるのに、何故それをしないのか」、という解釈でよいでしょうか?確かに可能かもしれませんが、「民営化」というのはどうかと思うのです。私などは、宇宙開発事業の成果を企業に独占させるのはもったいない(例えば、特許などを取られて、誰もが使いこなせない不自由なものになるんじゃないかな…とか)と思ってしまい…まあ、そう言いつつ毎日マイクロソフト使ってたりします。その矛盾もふまえた上で。
ただ、どこの機関においても、きちんと情報公開していくということは大前提だと思います。私が知らないだけかもしれませんが。そうだったらごめんなさい。 >管理人さま
Commented by おこじょ at 2005-09-22 16:45 x
失敗=損失と考えてたら科学は進歩しないんじゃないんですか?
Commented by stochinai at 2005-09-22 17:00
 みなさん、活発な議論をありがとうございます。私の文章力のなさが原因なのだと思いますが、私をJAXAの職員だと勘違いなさっている方がいらっしゃるかもしれないと、ちょっと気になりました。私は某(どこが某だと突っ込まないでくださいね^^;)国立大学法人の教員でして、JAXAあるいは旧NASDAから笑っちゃうくらい少額の研究費をもらったことがある、あるいはもらう可能性があるという意味で「まんざら関係のないわけではない」ということです。まあ、たとえ1円でも利害関係が生じてしまっている以上、私の意見が「客観的ではない」と言われれば、その通りなのですが、いちおうのお断りです。ますますのご議論をお願いします。
Commented by stochinai at 2005-09-22 17:25
>損失以上の成果
 何を成果と呼ぶかにもよりますが、もしも収入ということであれば、これは教育や研究機関にとっては無理なことです。
 それから、「あっちが無駄しているからこっちにも無駄をさせろ」という論理ではなく、「こっち」も無駄を出しているかもしれません、それについては無駄をなくするように努力したいと思いますけれども、同じように無駄を出している「あっち」も同じように無駄を減らさせるようにしましょう、という呼びかけです。

>そうすれば誰も文句はいいませんよ
 いや、文句はあちこちにつけるべきだと思います。私は文句も言わない人は信用しません。文句をつけないとあらゆる組織も人間も腐敗すると思います。cさんのような方が、たくさんいると日本はもっと良くなると思います。
Commented by c at 2005-09-22 17:30 x
勧違いされている方がいるようですが,
私は JAXA に死ねと言ってるわけではありません

そんなに自信があるのなら
みんなと同じ土俵で戦え,といってるんです

それができないようならば,
自分の都合のいいような
ねつ造の統計結果を持ち出したりして
一人前の口を聞くんじゃないと言いたいです
Commented by stochinai at 2005-09-22 17:30
>きちんと情報公開していくということは大前提だと思います。
 その通りだと思います。JAXAもさすがにこれまでのようにはいかないと思ったのでしょう。完全なものとは言えないのかもしれませんが、かなり徹底的に情報公開しています。
http://www.jaxa.jp/about/index_j.html
 私の個人的経験では、研究費などの事前審査だけではなく、事後審査もかなり厳しくやるところは、ほとんど事後審査のない文科省の科学研究費などとは桁違いの厳しさを感じました。
Commented by papa at 2005-09-22 18:14 x
Cさんへ
>だから何度も言うように,損失以上の成果を挙げていると主張するならば民営化すればいいのです.そうすれば誰も文句はいいませんよ.

ひとことだけ.
税金って,なんのためにあるのか,また,どうして納税の義務があるのか,考えたことあります?
Commented by nochi at 2005-09-22 19:07 x
>みんなと同じ土俵で戦え,といってるんです

公務員だろうと民間の会社員だろうと、多くの人が「同じ土俵」にいるはずだと、私自身は思います。私は飲食店勤務ですが、それだって自分だけで稼いだモノではなく、お客様から給料をもらっているということです。それに公務員だって、税金払ってますよね。
たぶん、お互いに「あの人たちが何やってるかよくわかんない」っていう不安のようなモノもあって「無駄遣いしてる」という展開になるのかも。公務員だろうと会社員だろうと、自分以外の人が何をしてるのかってこと、もっとよく知るべきなんだろうと思います。そのための情報公開だし。そうやって知れば知るほど、もっと批判も共感もできるようになるのでは。そんで、どこに文句を言うべきなのかも、見えてくると思います。
それから管理人さま、サイトを紹介してくださってありがとうございました。
Commented by stochinai at 2005-09-22 21:57
>知れば知るほど、もっと批判も共感もできるようになるのでは。そんで、どこに文句を言うべきなのかも、見えてくると思います。
 まさに、コミュニケーションの神髄をズバリと指摘していただきました。科学を専門とする科学者と専門としない市民の間のすれ違いと同じように、税金の運用側にいる公務員(nochiさんのおっしゃるように公務員も納税者です)と払うだけ(実は恩恵を受けています)の市民の間にすれ違いがあるのだと思います。科学技術コミュニケーションと同じように、税をめぐるコミュニケーションがうまくいく仕組みもこの社会には必要なんですね。

 nochiさんには、新しい視点を開いていただいた気がします。

 「知らないことが憎しみを生み、知ることが愛を生む」って言った人がいたかいないかは知りませんが、そんな気分です。
Commented by ヤマグ at 2005-09-23 01:22 x
議論に火をつけてしまったようで、申し訳ないです。
stochinaiさんにフォローまで入れていただいて申し訳ないです。

「公務員の給料になるぐらいなら、なんて思っているのかもしれませんが。」と言ったのは、現在の趨勢として小泉氏が大勝したことからもそんなように思われているというのを書いたつもりでした。自分個人も公務員の端くれみたいなものですから。
で、知らせる努力をする意味でもCoSTEPが重要と考えています。ということを書いたつもりだったんです。

それともう一つ。人件費って、日本ではあまり認知されませんよね。昔の科研でも人件費の計上が難しかったように。そう言った考えがまだまだ蔓延しているのではないかという気もします。人件費は無料みたいな感覚が。日本で、サービスと安全が無料と思っているように。
Commented by inoue0 at 2005-09-23 09:58
 財政問題の権威、井堀利宏東京大学教授が、ユニークな提案をしています。選挙権のある国民全員に年間1万円程度の人頭税(収入に無関係に頭割りで払う)を課し、自分の分の税の使い道を選挙の際に投票で指定させろというのです。
 投票しなければ、徴収された人頭税は他人の投票で比例配分されてしまいますから、投票率は劇的に上がり、かつ、政治への関心も高まります。
 なお、「全員が払う」について、収入のない人や少ない人はどうするのかについて、井堀教授は
「社会生活を送っている以上はなんらかの収入があるはずだ。年間1万円が払えないわけがない。人頭税のために必要最低水準の収入を割り込んだ人は福祉に頼ればよいし、最初から生活保護を受給している人は、人頭税の分だけ保護費を加算すればよい」と指摘しています。

 話を宇宙開発に戻すと、宇宙開発に金を使っていいという思うひとは「宇宙開発」の項目に○をすればよいのです。人気のある政策ほど予算が増えるという点で直接民主政が実現します。
Commented by inoue0 at 2005-09-23 10:14
 また、予算獲得のためには、一般国民相手に積極的に広報活動を行う必要が生じますので、行政の透明化にもつながるでしょう。

 消費税の税額を考えれば、刑務所に入っている人でもない限り、最低でも年間数万円は税を払っているはずですので、極端に負担が増えるということはないです。
Commented by コメント at 2006-01-24 00:16 x
というか、JAXA嫌い
勝ち組だと思い込んでるJAXA職員!
愚痴こぼさせてください。

調子に乗るな!!JAXA!!!
おれの会社を小さな会社と抜かしやがって。
メーカがいなくなったら何もできねーくせに。
税金なんか払うか!絶対技術も渡さんぞ!
嘘ばかりつきやがって!
ホリエモンも逮捕。これで宇宙開発は絶望的だ!
今まで、おれら庶民を馬鹿にしてきた報いだ。
メーカの仕事を馬鹿にするような、くそJAXAは許さん!
空出張ばかりしてやがって、まったく税金の無駄だ。

小さな会社だけど、おれたちは人間性だけは大切にします。(^^♪
愚痴ってすみません。あーすっきりした♪
Commented by プロ at 2007-08-18 01:43 x
jaxaはヤクザと聞こえてしまうのは、私だけか。
JAXA(旧NASDA)嫌い!]

品質のことを勉強してからプロジェクトに望んでよ。
システムエンジニアリングのこと勉強してプロジェクトに望んでよ。

とんちんかんな質問で時間を潰させないでよ。
ハードウェアはメーカの方が上なんだから、同じ土俵で話しが
出来るわけないでしょう?身の程知らずっていうんですよ。
Commented by とおりすがり at 2007-08-18 02:09 x
なんか夢の無い心の狭い人もいるんですね。お金を貯めて贅沢な食べ物食べて幸せですか。いえ、それなら結構なんです。今時の「民営化」思想の源流、シカゴ経済学派の泰斗のミルトン・フリードマン博士の言葉を差し上げましょう。

「世のたいていの事項では市場原理が政府の強制に勝るが、市場に任せておいては決して成し遂げられず政府にしか出来ないことも、数少ないがいくつか存在する。その最大のものが宇宙探索、素粒子の探索、生命の起源の探索といった基礎科学の研究である。それらが目指すものは人類の知識の限界を拡げる事である。このような事業を市場原理を補完して行う事、これこそが文明国の政府が存在する意義といってもいい。」
Commented by とおりすがる at 2007-08-18 14:08 x
そういうのは生活に余裕がある人がやってください。
Commented by えーと at 2007-08-18 19:02 x
宇宙開発って、大陸間弾道弾開発の隠れ蓑だと思ってました。隣国は皆そう思ってるんじゃないかな。
Commented by 小さな者 at 2007-08-19 22:03 x
旧NASDAは存在意義を問われている。自分自身が何を国民に対して産み出せているのか、何を開発しているのか。開発とは創造であるが、予算取りはで疲れてしまうのはあまりに仕事範囲が狭い。予算取りは創造ではない。つまらぬ上下関係に惑い労力を費やしていないか?自ら物作りを避けて通ってロケット・衛星開発はできるのか?海外と競争できるのか、国際社会の責任を果たせるのか?

物作りは旧NASDAでなく企業なら、国内企業をどう育てるか、企業のモチベーションをどう向上させるか真剣に考えているor考える能力を鍛えてるか?その上で企業が独り立ち出来ない事を非難しているか?すべて企業のノウハウでよいのか?企業の主要人物がいなくなっても自分たちで衛星は作れるか?
Commented by 小さな者 at 2007-08-19 22:03 x
つづき
愚かな一国民としての意見だが、
自ら研究を行い、人類の科学を切り開いて行く組織、先輩方々の功績に感謝し次の世代に伝えるため謙虚に自己研鑽していく組織には税金を是非払いたい。失敗でも、研鑽したことは、次世代の方へ繋げられる。税金のムダ使いでは絶対にない。
予算取りや上層部の説明のための人件費だけに税金を払いたい人は誰もいないのである。

高校野球の素晴らしさのひとつは、自己研鑽してきた球児がプレイしていることである。基礎体力作り、日々の地味な研鑽があってのこと。ひとつエラーしたらムダな努力だったと言うであろうか。

今からでも自己研鑽と向かい合ってはどうか。
Commented by NASDAはおかしい at 2009-03-01 21:12 x
自分でものづくりの苦労をしないままプライドだけの職員は
プロジェクトのじゃま、出て行きなさい!
Commented by 哲人27号 at 2010-01-10 01:14 x
JAXA、特に旧NASDA系は酷いモンです。

私もCさんに賛成意見です。
基本的に彼らのやる事は仕事の丸投げ。
開発なんか何もしないでやりたい事を何となく書いた文書(水戸黄門の印籠)を下請け業者にすべて丸投げし、自分達では何もしない。

よく、「JAXAがものづくりで凄いから予算を増やせ」と言うアホがいるが、そう言う人間はまず何も考えていないし、真実を全く知らない。
Commented by 哲人27号 at 2010-01-10 01:15 x
>>コメントさん
彼らが「勝ち組」だと思っているのは事実でしょう。
特にその理由は彼らの給与の高さです。

仕事を全くしていないくせに給料だけは一人前に高い。
彼らは口を揃えて「文部科学省系は給料が低い」と言うが、一般企業から比べればかなりなもの。
むしろ何もしないくせに貰いすぎだ。

しかも独立行政法人だから天下りも大勢居るし、その外郭団体、例えば財団法人にも天下りがいる。
私の知る財団専務理事でさえ全く仕事をしていないにも関わらず、月80万+ボーナス=1000万の年収はありました。
職員で40代なら毎月60万は手堅いし、酷い事に空出張や労働時間の水増しも横行しています。(余分に貰っている。)

その上悪い事にこの雪だるま式に増える無駄な給料は国民が支払っている血税から出ていると言う意識のカケラも無い。
だから彼らの予算が減らされる事は結局のところ自業自得だと言える。
Commented by 哲人27号 at 2010-01-10 01:15 x
>>コメントさんやプロさん。
こう言う意見は現場を知っている人間であれば誰もが思っている当然の意見だと思います。
別に卑屈になる必要はない。

俺も現場をしょっちゅう見てきたが、JAXA職員は毎度毎度口ばかりで本当に何もしない。
実際手を汚して額に汗しながら働いているのは現場でやっている人間だけ。

JAXAも一度JALのように解体しないとダメだ。
by stochinai | 2005-09-21 23:02 | つぶやき | Comments(29)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai