5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ジンパとサンパと火事と悪臭

 朝晩は急速に冷え込みが進み、天気予報では朝霜の注意がされる季節になりました。天高く馬肥ゆる秋でもありますが、野外パーティはよほど運の良い日の昼間しかできなくなっています。

 しばらく静まりかえっていたキャンパスにも学生が帰ってきて、すべりこみで今シーズン最後のジンパ(ジンギスカン・パーティ)が行われる季節でもあります。10月3日からの授業開始を前に、学生達も必至なのでしょう。

 ことしも豊漁で、脂の乗った大型のサンマが安く買えます。ジンパに変わってサンマ焼きパーティ(サンパ)をやっているグループもちらほら見かけられます。発砲スチロールのトロ箱ごと買い込んで大々的にやったグループもあったようです。

 しかし、学生諸君!火と生もの(サンマの頭、内臓、骨)の始末だけは適切にやってくれないと困ります。

 どうやら土曜日(結果から考えると、あるいは23日かもしれません)に理学部内でサンマを調理して外でサンマ・パーティをやったグループがあったらしく、放置されたサンマの部品がとんでもない臭いを発していたようです。事務室と学生実験室のある4階のゴミ箱周辺が、漁村のような香ばしいを通り越して、くさや製造所の内部のような臭いにつつまれておりました。臭いは火曜日になっても消えず、営繕係のSさんが出動して学生のロッカーを一つずつあけて(死体でもないかと)点検するという騒ぎになりました。

 たしかに、イヌかあるいはヒトの死体でもあるのではないかと言われても、そうかもしれないと思わせられる強烈な臭いでした。

 月曜日にはサカナの生ゴミはすでになかったのですが、ゴミ箱周辺と近くの絨毯がものすごい臭いの源であることが確認されたので、ともかく死体騒動はおさまりました。

 サンマの処置なんかしたことがない学生集団が犯人ではないかと推測されております。

 気を付けてください。

 そうこうしているうちに、昨日火曜日の早朝5時半頃には理学部のゴミ箱が炎上して、消防車がかけつけるという騒ぎがあったようです。
ジンパとサンパと火事と悪臭_c0025115_20121897.jpg

 大学へ出てきてみると、サンマの腐敗臭と火事の焦げた臭いが混ざった臭いが建物内にも充満して、ひどいことになっていました。

 そちらはどうやら月曜日の夜にジンパをやったグループが、火の始末をいい加減にしたままゴミ置き場に祭りの後を捨てていったことが原因のぼやだったと見られています。

 こちらは火の後始末なんかしたことのない学生集団が犯人ではないかと推測されています。

 気を付けてください。

 大学生あるいは大学院生にもなって、生ゴミの処理や火の後始末ができないようではいけません。卒業させませんよ。

 ほんとうに気を付けてください。大学燃やしたら、卒業できないくらいでは済みません。
Commented by stochinai at 2005-09-29 23:41
 むむ、ばれたか!
by stochinai | 2005-09-28 20:18 | 大学・高等教育 | Comments(1)