5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

24節気第3「啓蟄」で72候の第8「蟄虫啓戸」

 24節気も第3となる啓蟄(けいちつ)がやってきました。

c0025115_19165971.jpg

 春の節気である立春・雨水を経ていよいよ3番目の啓蟄となりました。啓蟄というのはいわゆる小さな生き物である虫(昆虫、ヘビ、カエル、トカゲ)が土の中からごそごそと出てくる時期という意味で、次の春分をむかえるまで春が来たということになります。

 ところが本日の札幌はとてつもなく寒い真冬日になってしまいました。最高気温がマイナス2.3℃、最低気温はまだ下がりそうですが現時点でマイナス6.6℃です。この時期にこんな真冬日になるとひとしお寒さを強く感じるものです。

 啓蟄は24節気としてはかなり有名ですが、啓蟄の期間の72節気の最初が蟄虫啓戸(ちっちゅうこをひらく、すごもりむしとをひらく)だということはすっかり見落として今日に至っている私です。

 美しいくらしのこよみでは毎年可愛らしいトノサマガエルの絵を楽しんでいたのですが、実はその画面の中に72節気の蟄虫啓戸が示されていたのです。

c0025115_19170688.jpg

 昨年までは啓蟄と蟄虫啓戸は同じものだとばかり思っていたのですが、改めて読み直してみると24節気と72候でそれぞれ独立に定義されていたのでした。いやはや私の目の節穴ぶりに改めて反省しきりです。

 この時期になると出てくるのは虫だけではなく植物もたくさん伸びだしてきます。

 こちらのサイトでは旬の食べ物を紹介してくれています。


 啓蟄の時期にぜひ食べたい旬の食べ物としてタケノコが紹介されています。「筍ご飯にするのもお勧めですが、天ぷらにして塩で食べるとまた一段と食材の味を楽しめます」ということですが、そういえば昨夜の送別会でタケノコの天ぷらが塩で食べるように出てきていたことを思い出しました。お店の方は啓蟄を意識していたのかもしれませんね。

 ありがたいことです。

 タケノコの天ぷらの画像はこちらから引用させていただきました。

c0025115_19455319.jpg

 昨夜のタケノコも大変においしゅうございました。

 明日はまだ寒そうですが明後日からはプラスの気温になりそうだということで期待をしています(笑)。








by STOCHINAI | 2018-03-06 19:56 | 季節 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai