5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

急に夏

 昨日、寒い春からいきなり最高気温が20℃越えになりましたが、今日はさらに暖かく22.1℃にまでなりました。

 札幌ではこれは間違いなく夏の気温です。住民のテンションも一気に上がります。

 4月22日に発見したアミガサタケですが、今年は観察のためとあわよくばどんどん繁殖してほしいという期待をもって収穫せずに放置しておきました。今日見てみるとアミガサの部分はかなり縮んで乾燥していましたが、逆に柄の部分がよく発達して(おいしいとも感じる)いる印象です。

c0025115_21514414.jpg

 これはかなり大量の胞子を撒き散らしてくれたのではないかと期待ができる印象でした(笑)。

 午前中の見回りではこのキノコの他にそろそろ満開の時期をむかえるヨドガワツツジを撮りました。
c0025115_21591839.jpg

 こちらはその隣で次を待っているサラドウダンツツジのつぼみです。

c0025115_21595195.jpg

 そういえばその手前にあるアセビの花が目立たないと思って探してみると咲いていることは咲いていました。

c0025115_22070861.jpg

 冬には花芽がたくさん確認されていたので、咲くことを期待していたのですが目立つほど咲かなかったのは、かなりたくさんの花芽が凍死してしまったようで茶色に退化した花芽もとてもたくさんありました。一方で、それを乗り越えて咲いた花も実はかなりあったようで、葉をかき分けて探してみると意外とたくさん小ぶりではありますが花房を見つけることができました。

 北側の日当たりの悪いところに植えられたハスカップも満開でした。

c0025115_22024357.jpg

 この株は毎年たくさんの花を咲かせるのですが実が少なく、北大のハスカップ博士のH先生のお尋ねしたところ、「もう一株ないと実がつきにくいのです」と言われてしまいましたが、その後も株を増やすことなく毎年虚しい花をつけています。

 この後日中の暑い日差しを避けて屋内に退避していたのですが、夕方に太陽が西に落ちてからまた狭い庭を一巡りしてみました。

 「絵になる写真」を狙って、逆光でしおれゆくピンクのヒヤシンスを撮ってみました。

c0025115_22121594.jpg

 ついでにオオデマリ。

c0025115_22133233.jpg

 そろそろサンゴジュハムシの幼虫も活躍を始めているので、このところ朝晩に水鉄砲で撃ち落としています。

 ヤマブキも好調に花を開きはじめました。黄金色の花は西日に似合いますね。

c0025115_22173373.jpg

 2日続いた高温・好天もとりあえず今日までで、明日はせっかくの日曜日だというのに気温も平年並みに下がり、雨になるようです。

 なかなか天気は思い通りになってくれないものです。









by STOCHINAI | 2018-05-12 22:20 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai