5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

暖かいとはいえ着実に気温低下中

 日曜日の朝、遅めに目覚めたら太陽はすでに上がってはいたものの、厚く垂れ込めた雲の上にあるようでした。

c0025115_22043687.jpg

 南西の空の地平線近くにだけ雲のない部分があり、まぶしく光っていましたが、今日一日の天候はダメだと予告しているような朝の光景です。

 気象庁のホームページにある北海道の初雪の平年値を示す「初雪前線」の図を見ると、11月はじめには北海道のすべての地域で初雪が降っているのが普通なので、まだ北海道の平地ではどこからも雪の便りがないという今年はかなり異常だということがわかります。

c0025115_22064014.jpg

 確かにここのところの暖かさはちょっと変だなとは思いますが、9月からの気温変化をグラフにしてみると間違いなく着々と最高気温も最低気温も下がってきていることは間違いありません。

c0025115_22112672.jpg

 先月から最高気温が20℃を越えることはほとんどなくなり、最低気温も10℃以下なのが普通になってきているので、いくら「暖かい」といっても冬は着実に近づいています。

 天気予報でも明後日には北海道の平地でも(札幌とは言っていませんが)初雪になるでしょうと予言しています。まあ、暖かいのはありがたいとはいうもののこの時期に雪がないと我々も観光に訪れた人もなんとなく寂しいのは北海道ですので、そろそろ「来るべきものは来てほしい」というのが大方の道民の感想でありましょう。

 とはいえ、この時期に初雪が来たとしても、さらに降った雪が積もり、春までとけないいわゆる「根雪」の初日となる「長期積雪初日」の平年値となるとまだ1ヶ月位先の話になります。こちらも気象庁の「根雪前線」の図で見てみましょう。

c0025115_22125995.jpg

 初雪前線の凹凸に比べると陸上では緯度に沿った前線が描かれていることにちょっと感動します。やっぱり北が寒いのですね(笑)。

 明日の札幌の気温の予想は最低が5℃、最高が10℃となっています。札幌の11月の平年平均気温が4.5℃、最高気温が8.5℃、最低気温が1.3℃ということですからそれと比べるとまだちょっと高めとはいえ、だいたい今どきの普通の気温になってきています。

 こちらのサイトにある過去7年間のデータを重ねた図を見ると、今年も着々と例年並みの冬に向かいつつあることがわかります。

c0025115_22293510.jpg

 データを重ねると人間の行動を含めて自然はなめらかな動きを示すことがよくわかります。








by STOCHINAI | 2018-11-11 22:31 | 季節 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai