5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

明日は今期最後の「枝・葉・草」の回収日

 雪がなくなるとせっかく目隠しになって見えなかった枯れ葉が大量に顔を出してきます。私は落ち葉は植物がせっかく作った有機物なので、できるだけまた植物に戻してやりたいという名目のもと、我が家の庭のレンガやアスファルト以外に落ちたものは春まで放置するのがポリシーです(笑)。
 というわけで木の下は落ち葉で下草や土はまったく見えない状況になります。私は好きなのですが、きらいな人も多いかもしれません。

 そんな中でも色がきれいだと許されるものもあります。こちらはノムラモミジ。

c0025115_14144899.jpg

 となりはハウチワカエデ。これはただの枯葉ですね。

c0025115_14154385.jpg

 そしてドウダンツツジ。これはちょっとはマシかな?

c0025115_14160339.jpg

 玄関脇のナツツバキはクシャクシャになって風に飛ばされやすいので、さすがに集めて捨てまして、かなり少なくなっています。隅に除雪器具が見えます。

c0025115_14170065.jpg

 ノウゼンカズラの落葉は大量のツルと一緒です。

c0025115_14191112.jpg

 最大量が落とされるのはこのモクレン。大きな葉っぱがボタボタと落ちてきます。

c0025115_14195923.jpg

 そして問題なのはこの木がお隣との境にあることです。さすがに我が家の木から落ちた葉はうちで掃除しています。

c0025115_14214923.jpg

 手前がお隣の領域で、向こうが我が家。石畳の上も私が毎朝掃除しています。罪滅ぼしです(笑)。

 そしてこちらが明朝に出す予定の主に落葉です。少し枝も切りました。

c0025115_14225557.jpg

 あとは、すべてが雪に埋まってしまうと誰も枯葉のことは言わなくなっておだやかな冬を迎えることができます。







by STOCHINAI | 2018-11-27 19:00 | 季節 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai