5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

懐かしの黒板

 橋本大也さんの情報考学で紹介されていた「リアルな黒板再現ソフトウェアAKI 黒板 Ex」は懐かしい気持ちにさせてくれる暖かいソフトです。

 フリーソフトですので、まずはダウンロードして使ってみていただければ解説は不要だと思いますが、チョークで書き書きしていると、なんと粉が落ちるんです。楽しいです。

懐かしの黒板_c0025115_18594322.jpg


 やってみると、おもわず落書きせずにはいられない気持ちになります。チョークの動きをかなり遅くしないとほんものの黒板に書いたような線にならないことと、黒板消しの性能が良すぎてきれいに消えすぎることを除くと、ほぼ完璧に仕上がっていると言えるソフトです。

 驚いたことにこのソフトを作ったのは、神奈川県立多摩高等学校普通科2年の生徒さんの秋山君という人です。平成17年度情報化月間 第26回 U20プログラミングコンテストで最優秀賞をとったということですが、うなずけます。

 さらに驚いたことに、このコンテストの入賞者のほとんどが高校生か専門学校生なのです。アンダー20歳と言えば大学2年生までも含まれるのですが、大学生よりは高校生や専門学校生のほうがこうしたところでは実力を発揮できるという日本の教育環境も推測されて、このコンテストの結果もなかなか興味深いです。
by stochinai | 2005-11-04 19:11 | 教育 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai