5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ダンゴムシは意外と水が好き

 今年もダンゴムシが出てきたので捕まえて飼育をしています。

c0025115_22220644.jpg

 我が家ではワラジムシとダンゴムシが一緒にとれるのですが、どちらかというとダンゴムシはワラジムシよりは乾燥しているところにいる気がするので、飼育するときにも少し乾燥気味の環境を用意しておくことが多いのですが、そうすると意外にも乾燥して死んでしまうことが多いように思いました。

 そこでミズゴケなどで適度な湿り気を与えて管理しているつもりなのですが、なかなか湿度の維持が難しいと思っていました。

 というわけで、先日からスポンジに水を染み込ませた「水飲み場」を作ってやったところ、意外なことにそこにダンゴムシが集まって休憩しているではありませんか。

c0025115_22221687.jpg

 実は、ダンゴムシは水が好きだったということを認識できました。これなら乾燥して死ぬこともないでしょう。

 それから、ダンゴムシは植物食なのだろうと思って、枯れ葉やミズゴケをやっていたのですが、こちらも実はいろいろあったほうが良さそうな気がして、今はザリガニのエサを与えています。

c0025115_22223096.jpg

 こちらも意外と食べているような気がします。

 というわけで、ダンゴムシの飼育環境が確定できたら飼育キットでも作って売り出してみようかと思っています(笑)。

 日陰にあってなかなか咲かなかったシャクヤクも咲きました。

c0025115_22223978.jpg

 玄関前では、今年はまだ見ていないトンボの死骸をアリたちが一所懸命引きずっていました。

c0025115_22223677.jpg

 こちらの気が付かないうちにも動物も植物も必死で夏を生きているのでした。








by STOCHINAI | 2019-06-19 22:31 | 生物学 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai