5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

秋晴れ

 安定しない天候が続いていますが、今日は珍しく晴れ上がりました。太陽の日差しは強くジリジリと焼ける夏の太陽のようなのですが、時折、小さな雲が太陽にかかって陰になると急に肌寒いほどの涼しさになるのはやはり秋です。

 朝からトンボも飛び交っていました。

 イチイの木陰に2球だけ植えてあるコルチカムも花芽を伸ばし始めました。

c0025115_21352110.jpg

 ほとんど真っ白で先端が僅かにピンクがかっている他は植物らしい緑色がほとんど見えず、まるでギンリョウソウなどの腐生植物のようにも見えます。色合いも日陰が似合う感じなので、ここに植えたのは正解だったようです。

 例のツユクサは最初に咲き始めた茎の先端に今朝も咲きました。明日は2輪咲いてくれるような気がします。

c0025115_21392551.jpg

 秋といえば枯れ葉です。これは室内で育てているパキラから落ちてきた枯れ葉です。

c0025115_21404940.jpg

 秋だから落葉したというわけではなく、一年を通じての新陳代謝で枯れて落ちたものだと思いますが、よく見ると枯れ葉も芸術的な模様をもっているものです。

 これは右端の枯れ葉の葉元の部分です。

c0025115_21410098.jpg

 枯死した部分がなかなかおもしろい表情をしています。

 こちらはとなりの葉ですが、緑色の葉緑体が残っている部分があります。

c0025115_21410250.jpg

 このパターンもじっくり見るとなかなか味のあるものです。

 3枚並べてひっくり返してみてみました。

c0025115_21405615.jpg

 同じ枯れ葉といってもそれぞれがぜんぜん違う枯れ方をしています。若芽が伸びてくるところはどれも似たように見えるものですが、こうして枯れる時には一枚一枚異なった終わり方をするのは興味深いことです。動物の老化から死も同じように個性が強く現れるような気もします。

 気がつけば太陽は西に傾来。我が家の太陽電池で踊るソーラー・スイング人形チームも西日にむかって踊り続けていました。

c0025115_21411436.jpg

 朝晩の気温はどんどん低くなってきており、そろそろ10℃を切る本格的な寒さもやってきそうです。

 明け方にくしゃみをして目を覚ます季節です(笑)。









by STOCHINAI | 2019-09-17 21:57 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai