5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

各地から雪の便り

 今朝は旭川の平地でも初雪が見られたそうですが、平年よりは14日遅れだそうです。とはいえ、去年ももっと遅かったようで今日でも去年よりは8日早いのだそうです。

 札幌の手稲山でも初冠雪が観測されましたが1876年の統計開始以来、最も遅い観測だそうです。それでもやはり冬はやってくるのです(写真はtenki.jpさんからお借りしました)。

各地から雪の便り_c0025115_22055764.jpg

 最高気温も8.7℃と寒かったので、ほとんど外に出ることもなく家にこもっていましたが、札幌の平地での雪は今日はなさそうでした。今のところの予想では明日の夜から明後日の朝ということのようです。

 とはいえ家の中はやはり暖かく、朝には新しい花も開いていました。

各地から雪の便り_c0025115_22102458.jpg

 寒いまま夕方を迎えましたが、西には夕焼け、東には月が見られました。

 こちらが西の夕焼け。明日も寒そうです。

各地から雪の便り_c0025115_22115822.jpg

 反対側の空に浮かんだ半月です。

各地から雪の便り_c0025115_22120182.jpg

 今日配信されてきた The Public Domain Review には驚かされました。なんと1500年代にすでにエッシャーと見紛うほどの現代的な幾何学的な「風景画」が描かれていたというのです。

各地から雪の便り_c0025115_22124907.jpg

 リンクをたどっていくと、彼が書いた書籍のpdfファイルもダウンロードできるようになっていました。

 そして購入も可能な彼の作品がフリーでダウンロード可能になってもいます。

 そのうちの2つほどをご紹介しておきます。まずはこちら。

各地から雪の便り_c0025115_22125752.jpg

 そして、こちら。

各地から雪の便り_c0025115_22130038.jpg

 とても500年くらい前に描かれていたものとは信じられないほどの未来的な作品に驚かされました。

 まだまだ世の中には知らないことだらけです。










by STOCHINAI | 2019-11-06 22:22 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai